【必見】『魔女の宅急便』から『この世界の片隅に』まで!平成「アニメ映画」名作7選


平成の映画興収はジブリが席巻 1位はあの宮崎アニメ|エンタメ!|NIKKEI - 日本経済新聞
平成の映画興行収入ランキングで1位となったのは宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』。スタジオジブリのアニメはトップ30に5本がランクイン。平成の映画界を支えた人気 ...
(出典:日本経済新聞)


宮崎の新作長編アニメーション映画の本格的な始動に伴う、制作部門の活動再開、及び新人スタッフの募集開始を発表。 11月28日 - 代表取締役社長に中島清文(旧ジブリの森美術館 館長)が就任。先代社長・星野は代表取締役会長に就任。また、現在、宮崎駿の新作長編アニメ映画『君たちはどう生きるか』と、宮崎
87キロバイト (9,660 語) - 2019年4月29日 (月) 03:50



(出典 i.ytimg.com)


平成は、宮崎アニメが数多く有りました。貴方の一押しは何ですか?

『魔女の宅急便』から『この世界の片隅に』まで!平成「アニメ映画」名作7選

2019-04-30 17:08:10(12444 view)

平成から令和へ変わる今、平成(1989-2019)を懐かしむ、大ヒットした日本の「アニメ映画」名作7作品。『魔女の宅急便』、『もののけ姫』、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』、『千と千尋の神隠し』、『サマーウォーズ』、『かぐや姫の物語』、『この世界の片隅に』。


(出典 matome.naver.jp)