【必見】西日本で「手足口病」の感染が拡大中!


手足口病が九州で猛威、全7県で警報レベル - 株式会社CBコンサルティング(CBnews)
手や足などに水疱性の発疹が現れる手足口病が九州で猛威を振るっている。3日から9日までの1週間の1医療機関当たりの患者報告数は、九州全県で警報基準値を上回っ ...
(出典:株式会社CBコンサルティング(CBnews))


手足口病(てあしくちびょう、英: Hand, foot and mouth disease; HFMD)は、コクサッキーウイルスの一種が原因となって起こるウイルス性疾患である。病名は手の平、足の裏、口内に水疱が発生する英語病名の直訳に由来する。乳児や幼児によく見られる疾患であるが、成人にも見られる。
8キロバイト (1,013 語) - 2019年1月13日 (日) 11:26



(出典 medical.nikkeibp.co.jp)


西日本で感染が拡大しています。手洗いやうがいをしっかりして感染予防に努めよう。

乳幼児は要注意!西日本で「手足口病」の感染が拡大中

2019-06-18 16:01:35(19573 view)

手洗い・うがいなどの徹底を!


(出典 matome.naver.jp)