エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    2021年06月


    松村 沙友理(まつむら さゆり、1992年〈平成4年〉8月27日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデル、女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、『CanCam』の専属モデルである。大阪府出身。身長164 cm。血液型はB型。愛称は、さゆりん、さゆりんご。
    84キロバイト (11,403 語) - 2021年6月27日 (日) 02:12



    (出典 nbpress.online)


    松村沙友理ちゃん、卒業企画が2週以上あるようです!

    1 君の名は :2021/06/28(月) 00:28:49.42 ID:uq+O3kTfM.net

    うおおおおおお


    【【衝撃発言】まじでぇ❗️松村沙友理ちゃん、卒業企画が2週以上 】の続きを読む


    松村 沙友理(まつむら さゆり、1992年〈平成4年〉8月27日 - )は、日本のアイドル、ファッションモデル、女優であり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、『CanCam』の専属モデルである。大阪府出身。身長164 cm。血液型はB型。愛称は、さゆりん、さゆりんご。
    84キロバイト (11,403 語) - 2021年6月27日 (日) 02:12



    (出典 realsound.jp)


    人生が変わるきっかけとなったアニメを紹介したようです!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/27(日) 22:41:09.33 ID:CAP_USER9.net BE:504421303-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    6/27(日) 22:11
    東スポWeb

    乃木坂46松村沙友理 人生を変えたアニメを告白「アイドルの道に進もうと思ってなかった」
    乃木坂46の松村沙友理
     人気アイドルグループ「乃木坂46」の松村沙友理(28)が27日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演。人生が変わるきっかけとなったアニメを紹介した。

     今回の放送で「あのアニメで人生が変わったSP」と題し、俳優の山﨑賢人(27)や女優の清原果耶(19)らが運命を変えたというアニメを赤裸々に明かした。

     松村は人気アニメ「鋼の錬金術師」を挙げた。「人間の心情の描き方が上手」と同アニメにはまり、さらに主題歌を歌っていた「ポルノグラフティ」のファンになったそう。

     大学受験に落ちて当時浪人中だった松村は毎日のようにポルノグラフティのサイトをチェック。そのサイトで乃木坂46のオーディションのお知らせを見かけ「何でもいいから合格したい」という一心で応募したことがアイドルになるきっかけとなった。

     MCでお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(47)から「鋼の錬金術師で人生が変わった?」と聞かれた松村は「はい。アイドルに詳しくなかったので、アイドルの道に進もうと思ってなかった」と振り返った。

     看護師を目指していたそうだが「ひゅっと応募して今ここにいる」と同アニメに感謝の気持ちを語った。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1353170bea5f045b9baa99e1e0b4f96c4ec8c5a9


    【【衝撃発言】まじでぇ❗️乃木坂46松村沙友理 人生を変えたアニメを告白「アイドルの道に進もうと思ってなかった」wwwwwwwwwwwwwww ❗️】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大
    157キロバイト (22,193 語) - 2021年6月29日 (火) 00:25



    (出典 hochi.news)


    敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」で先発。初回にメジャー最多タイとなる26号ソロを放ったようです!

    1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2021/06/29(火) 11:04:34.37

    https://the-ans.jp/news/169981/

    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地でのヤンキース戦に「2番・DH」で先発。初回にメジャー最多タイとなる26号ソロを放った。右翼席への一発は、飛距離416フィート(約127メートル)、打球速度117.2マイル(約188.6キロ)。2戦連発に、米ファンからは「速度ヤバすぎ」「歩かせるしかない」などと驚きの声があがっている。

    関連スレ
    【MLB】エンゼルス大谷26号HR! トップのゲレーロJrに並ぶ★2 [あずささん★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1624924885/


    【【衝撃】まじでぇ❗️大谷翔平、弾丸26号に米ファンも衝撃 圧巻の自己最速188.6km弾「歩かせるしかない」wwwwwwwwwwwwwww ❗️】の続きを読む


    弘中 綾香(ひろなか あやか、1991年〈平成3年〉2月12日 - )は、テレビ朝日のアナウンサー。 神奈川県川崎市出身。身長157cm。利き手は、左。視力矯正手術済。 慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。高校時代はオーケストラ部(担当はヴァイオリン)およびスキー
    15キロバイト (1,531 語) - 2021年6月28日 (月) 11:10



    (出典 img-baila.hpplus.jp)


    中学受験や中高時代の思い出について語ったようです!

    1 首都圏の虎 ★ :2021/06/28(月) 14:07:59.08 ID:CAP_USER9.net

     アナウンサーとしていくつもの番組を担当するかたわら、エッセーの執筆や雑誌モデルなど多彩な活躍を見せる、テレビ朝日の弘中綾香さん。「人生で一番勉強した」という中学受験を振り返って、今思うことは? 6月28日発売のAERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)で、中学受験や中高時代の思い出について語った。

     中学受験に挑む子たちのモチベーションはさまざまだ。「絶対にこの学校に入りたい」とがんばる子、親の期待に応えたいと思う子、受験勉強そのものが楽しい子。弘中綾香さんは「あきらかに、塾での成績を上げたくて努力する子でした」と笑う。

     中学受験をするかどうか、深く考えた記憶はない。「姉が受験したから自分もするんだろうな」と、小4の4月から大手進学塾に通い始めた。

    ■慶應中等部は記念受験でした

     第1志望は、地元の神奈川にある女子校だった。「といっても『絶対にここがいい』と思ったわけではなく、どちらかといえば母に誘導された感じ(笑)。私自身は『校舎がきれいだし、セーラー服の制服がかわいいし』くらいの気持ちでした」

     それでも一生懸命勉強したのは、テストの成績で席順やクラスが変わったり、模擬試験の上位者の名前が冊子に載ったりすることが、ゲーム感覚で楽しかったからだ。

    「小6の4月には『一日も休まずに勉強する』と決めた記憶があります。量をこなさないとできないタイプだったので、休日は一日12時間以上勉強しました。あんなにがんばって勉強したのは、人生であのときだけですね(笑)」

     成績が伸びたこともあり、併願校の中に慶應義塾中等部を加えることになった。2月1日に受験した第1志望には無事合格。弘中さんは、ウキウキと「記念受験」に臨んだ。

    「筆記試験はめちゃくちゃリラックスして受けました。でも2次試験は体育……。私、運動神経が本当に悪いので『これは落ちたな』って」

     しかし、予想に反して合格。もちろんうれしかったが、周囲の「当然、慶應に入るもの」という空気に戸惑った。

    「ずっとめざしていた第1志望に合格したのに、なんで行っちゃいけないの?という違和感はありました」

     それでも慶應に進むことにしたのは、母への恩返しになると思ったからだ。「生意気かもしれないけれど、子ども心に『お母さん、がんばってるな』と思っていたんです。塾の送迎や食事の用意、過去問のコピー。支えてくれた母の期待に応えたかったし、『慶應なら大学受験もないからお母さんに負担をかけなくてすむ』とも思いました。結果的に、慶應は私に合っていたのでよかったんですけどね」

    ■応援団長も女子力仕事も女子

     入学した慶應中で、弘中さんは小さなカルチャーショックを受けることになる。クラスの半数を占める内部進学生には、生粋のお嬢さま、お坊ちゃまが少なくないと知った。

    「隣の席の子に『どこに住んでいるの?』と聞かれて『川崎だよ』って答えると、キョトンとされちゃったんです。『都バスと山手線しか乗らないからわからない』と。おお、きみたちは多摩川を電車で越えたことがない人たちなんだね!って(笑)」

     それでもみんな同じ中学生。心の垣根はすぐに取り払われ、一気に仲よくなった。そして「人生でもっとも楽しい3年間」と言い切る慶應義塾女子高校での青春時代が始まった。

    「大学受験がないので、高校3年間をみっちり自分の好きなことに使えました。部活、課外活動、習い事、みんな打ち込むことを持っている人ばかり。濃い時間を過ごしました」

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d083958b5dfd81c7d6744d2fdef9accff7b9ce6e

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【驚き】まじでぇ❗️弘中綾香アナ「慶應中等部は記念受験のつもりでした」人生で一番勉強した小学校時代を語るwwwwwwwwwwwwwww ❗️】の続きを読む


    中元 日芽香(なかもと ひめか、1996年〈平成8年〉4月13 - )は、日本の心理カウンセラーであり、女性アイドルグループ・乃木坂46のメンバーである。広島県広島市出身。身長161 cm。血液型はO型。妹はBABYMETALの中元すず。乃木坂46合同会社所属。愛称は、ひめたん。
    58キロバイト (7,779 語) - 2021年6月23日 (水) 04:00



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    ひと通り症状を話して、診断名を聞いたら「適応障害ですね」と言われたようです!

    1 ジョーカーマン ★ :2021/06/23(水) 16:29:06.11

    2017年に「乃木坂46」を卒業した中元日芽香(なかもと・ひめか)さんが、心理カウンセラーとしてリスタート。
    なぜセカンドキャリアにカウンセラーを選んだのかを、「ありがとう、わたし 乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで」という一冊の本にまとめました。
    彼女にとってアイドルとは、乃木坂46とはなんだったのか…じっくり話を聞きました。

    -周りにSOSは出さなかった?
     隠していましたし、自分でも心理的なストレスが症状として出ていると思っていなかったので。ストレス発散で食べちゃうとか、仕事現場に行くとなんだか体調が悪い…それだけ。自分の中では、それらとメンタル*が結びついていなかったかなと思います。

     それが2016年の年末、乃木坂46の16枚目のシングルの時でした。連続で選抜に入れていただいたのに、この時はもう結構深刻で。現場に行く時間なのに家を出られない。現場に行っても表情が作れない。1人になれる所がないか楽屋をウロウロしたり。明らかに病院に行ったほうがいい状態でした。

     病院に行き、ひと通り症状を話して、医学的にどういう診断名になるのかを聞いたら「適応障害ですね」と言われました。聞いたこともない病名だったものの、説明を聞いて納得がいったし、ちょっと安心しました。“仕事に行きたくない”じゃなくて、“行けない状態”なんだって。もともと、「熱が出ました。でも踊れるから関係ないよね」とか「咳(せき)が出ます。でも、歌っている番組の2分半、パフォーマンスができたら仕事として成立するよね」という感じで、仕事に行かない選択肢はないはずの自分だったんです。それなのに、こういう状況になってしまい、いろんな方に迷惑をかけていたので、それも自分にとってすごくしんどかったです。

    -“ひめたん”(アイドル時代の中元さんの愛称)でいることの重圧はありましたか?
     どうなんでしょう。“ひめたん”でいる時はいる時で楽しかったですよ。素の自分とは違って、怖いもの知らずで、バラエティー番組でも積極的に話すとか、ちょっとキャラクターをまとっているのも痛快な感じでした。でも、最後の方は、“ひめたん”を装備するエネルギーが残っていなかったみたいな感覚が近いのかなと思います。

    -現役時代、一番つらかったことは?
     ファンの方たちが応援してくれたり、気持ちを注いでくれているのに、選抜に選ばれないこと。期待に応えられない自分を情けなく感じてつらかったです。もちろん、期待していただくことやブログにいただくコメントで頑張れたりするのですが、だからこそ、選抜の後に行われる握手会に出たりするのはつらかったです。

     今だったら、「選抜には選ばれなかったけど、アンダーのシングルで頑張ったよね」とか「ブログいっぱい更新したね」とか、そんなふうに自分の中で頑張ったことを見つけてあげられると思うのですが、当時はそうは思えませんでした。誇張ではなく、私が生きていく意味を当時は乃木坂46でしか見出せないと思っていたんだと思います。

    -選抜の壁はやはり厳しいですか?
     選抜制度はあっていいものだと思います。選抜入りという目標があるから、「もっと頑張らなきゃ」と熱を持ってグループ活動ができましたし。ただ、私にとってはしんどくて、「どうやったら乗り越えられるんだろう」って。途中からは頑張り方も分からなくなっているのに、それでもまだ憧れも強くあって。「あそこに行けたら、私を応援してくれる人がうれしいだろうな」とか「私自身ももっと活動が楽しくなるだろうな」って。私には選抜の壁は高かったですね。

    ■中元日芽香(なかもと・ひめか)
    1996年4月13日生まれ。広島県出身。早稲田大学在学中。
    日本推進カウンセラー協会認定、心理カウンセラー&メンタルトレーナー。
    2011年から6年間、アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーとして活躍後、2017年に卒業。
    認知行動療法やカウンセリング学を学び、2018年にカウンセリングサロン「モニカと私」を開設。
    心理カウンセラーとしての活動を始める。
    6月22日、文藝春秋より「ありがとう、わたし 乃木坂46を卒業して、心理カウンセラーになるまで」を上梓した。

    全文
    http://news.yahoo.co.jp/byline/hasegawamasako/20210622-00244087/

    「心理カウンセラー」中元日芽香

    (出典 newsbyl-pctr.c.yimg.jp)


    元乃木坂46 中元日芽香

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【衝撃発言】まじでぇ❗️元乃木坂46中元日芽香(25)、「適応障害」の過去 一番つらかったことは「選抜に選ばれないこと」 wwwwwwwwwwwwwww ❗️】の続きを読む

    このページのトップヘ