エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ: スポーツ


    ジュールポレール(ヴクトリアマイル) 2014年産 サトノアレス (朝日杯フュチュリテステークス) アルアイン (皐月賞、大阪杯、毎日杯) アンジュデジール (JBCレディスクラシック、エンプレス杯、スパーキングレディーカップ、マリーンカップ) フアースインパクト/Fierce Impact(トゥラックハンデキャップ、カンタラステークス、
    197キロバイト (25,599 語) - 2019年11月30日 (土) 07:24



    (出典 www.asahicom.jp)


    【競馬】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」!

    1 牛丼 ★ :2019/12/05(木) 07:33:04.72

    ディープインパクトの衝撃の死から4カ月。日本を代表するGI、ジャパンカップは文字通り、メモリアルとなるはずだった。しかし、出走した“子どもたち”は、一敗地に塗れた。種付け料4千万円なのに勝てなかったのは、逆に血統ならではの理由があるという。

     日本競馬界を代表する駿馬は小さな体でありながら、数々の伝説を残した。

     2006年に引退後は種牡馬としても活躍。当初、1200万円だった種付け料は、晩年になると、4千万円にまで高騰した。そして、年間200頭以上に種付けして誕生した子どもたちがいま、競馬場を席巻しているのだ。

     担当記者に言わせると、

    「ディープインパクト産駒(子)の出走頭数はこの10年で1300頭以上。累計の獲得賞金では530億円を超えます。昨年の賞金総額も約70億円に上り、2位のキングカメハメハ産駒の倍近くと圧倒しています。競馬の本場であるフランスやイギリスからも、“ディープの子でいいから種牡馬としてほしい”というリクエストもあるのです」

     現役を退いても“アッチ”の方は絶好調だったが、関係者に衝撃が走ったのは、今年7月のことだった。突如、首を痛がる仕草を見せ、頚椎の骨折が判明。安楽*措置が取られたのだ。

     ゆえに、11月24日のジャパンカップは、名馬を称え、「ディープインパクトメモリアル」として開催され、産駒が4頭、出走した。

    「2世対決」

     ところが、血筋を引く子どもたちの結果は2着にカレンブーケドール、3着にワグネリアンが入ったものの、母親の次男という意味で名づけられたジナンボーが13着。優勝を逃す結果となってしまったのだ。

    「今年のジャパンカップは国際GIにもかかわらず、高速化する東京競馬場の馬場を嫌って、外国の馬が参戦しない異例のレースとなりました。さらにディープ産駒も優勝できなかったとあって、寂しい大会になった印象です」(同)

     競馬ジャーナリストの片山良三氏は、瞬発力が奪われる重馬場を苦手としていたディープの特徴が勝負を分けたと解説する。

    「ディープインパクトは武豊が“飛ぶように走る”と言ったように、最高速が速いため、良馬場に向いた馬でした。子どもは親の特徴を引き継いでいます。このジャパンカップは雨の影響で水分を含み馬場が荒れ、真価を発揮することができなかったのでしょう」

     ディープの子を抑えた優勝馬の父は、ハーツクライ。05年の有馬記念でディープを破り、唯一の黒星をつけたことで知られる。つまり「2世対決」だったわけだ。

     先の記者が再び、

    「ハーツクライは重い馬場を得意としていました。奇しくも今回、その子も同様に悪い状態のレースを制したのです」

     歴史は繰り返す。強みも弱点も血統として受け継がれているのだ。

    「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00596035-shincho-horse


    【【悲惨】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」⁉️】の続きを読む


    ジュールポレール(ヴクトリアマイル) 2014年産 サトノアレス (朝日杯フュチュリテステークス) アルアイン (皐月賞、大阪杯、毎日杯) アンジュデジール (JBCレディスクラシック、エンプレス杯、スパーキングレディーカップ、マリーンカップ) フアースインパクト/Fierce Impact(トゥラックハンデキャップ、カンタラステークス、
    197キロバイト (25,599 語) - 2019年11月30日 (土) 07:24



    (出典 www.asahicom.jp)


    【競馬】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」!

    1 牛丼 ★ :2019/12/05(木) 07:33:04.72

    ディープインパクトの衝撃の死から4カ月。日本を代表するGI、ジャパンカップは文字通り、メモリアルとなるはずだった。しかし、出走した“子どもたち”は、一敗地に塗れた。種付け料4千万円なのに勝てなかったのは、逆に血統ならではの理由があるという。

     日本競馬界を代表する駿馬は小さな体でありながら、数々の伝説を残した。

     2006年に引退後は種牡馬としても活躍。当初、1200万円だった種付け料は、晩年になると、4千万円にまで高騰した。そして、年間200頭以上に種付けして誕生した子どもたちがいま、競馬場を席巻しているのだ。

     担当記者に言わせると、

    「ディープインパクト産駒(子)の出走頭数はこの10年で1300頭以上。累計の獲得賞金では530億円を超えます。昨年の賞金総額も約70億円に上り、2位のキングカメハメハ産駒の倍近くと圧倒しています。競馬の本場であるフランスやイギリスからも、“ディープの子でいいから種牡馬としてほしい”というリクエストもあるのです」

     現役を退いても“アッチ”の方は絶好調だったが、関係者に衝撃が走ったのは、今年7月のことだった。突如、首を痛がる仕草を見せ、頚椎の骨折が判明。安楽*措置が取られたのだ。

     ゆえに、11月24日のジャパンカップは、名馬を称え、「ディープインパクトメモリアル」として開催され、産駒が4頭、出走した。

    「2世対決」

     ところが、血筋を引く子どもたちの結果は2着にカレンブーケドール、3着にワグネリアンが入ったものの、母親の次男という意味で名づけられたジナンボーが13着。優勝を逃す結果となってしまったのだ。

    「今年のジャパンカップは国際GIにもかかわらず、高速化する東京競馬場の馬場を嫌って、外国の馬が参戦しない異例のレースとなりました。さらにディープ産駒も優勝できなかったとあって、寂しい大会になった印象です」(同)

     競馬ジャーナリストの片山良三氏は、瞬発力が奪われる重馬場を苦手としていたディープの特徴が勝負を分けたと解説する。

    「ディープインパクトは武豊が“飛ぶように走る”と言ったように、最高速が速いため、良馬場に向いた馬でした。子どもは親の特徴を引き継いでいます。このジャパンカップは雨の影響で水分を含み馬場が荒れ、真価を発揮することができなかったのでしょう」

     ディープの子を抑えた優勝馬の父は、ハーツクライ。05年の有馬記念でディープを破り、唯一の黒星をつけたことで知られる。つまり「2世対決」だったわけだ。

     先の記者が再び、

    「ハーツクライは重い馬場を得意としていました。奇しくも今回、その子も同様に悪い状態のレースを制したのです」

     歴史は繰り返す。強みも弱点も血統として受け継がれているのだ。

    「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00596035-shincho-horse


    【【悲惨】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」⁉️】の続きを読む


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールド・ベースボール・クラシック(W
    124キロバイト (16,363 語) - 2019年12月3日 (火) 20:18



    (出典 image.news.livedoor.com)


    本当に大丈夫で

    1 風吹けば名無し :2019/12/04(水) 06:51:10 ID:mtKpg4bhp.net

    師走の日本列島に“怪物帰還”のニュースが駆け巡った。10月4日に中日退団が決まってから60日。ついに松坂の14年ぶりとなる古巣復帰が正式に発表され、
    西武・渡辺ゼネラルマネジャー(GM)は「まだ現役でやりたい、うちとしても先発が必要ということで獲得に乗り出した。1軍の舞台で活躍してほしい」と晴れやかな表情を浮かべた。

    米国滞在中の右腕は、球団を通じて「プロ野球選手としてのスタートであり、育ててもらった所沢、そしてライオンズファンの皆さんの前で、再び野球ができることをとても楽しみにしています」とコメント。
    さらに「リーグ3連覇、日本一を目指すチームの力になれるよう努力していきたい」と力強く誓った。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20191204/lio19120405040002-n1.html


    【【必見】「先発で1軍で活躍してほしい」西武が松坂大輔(39)の14年ぶりの復帰を正式発表⁉️】の続きを読む


    戦力外通告(せんりょくがいつうこく)とは、主にプロスポーツ競技において、所属選手に対し「戦力構想から外れていることを選手本人に通告」すること。選手契約の解除や整理、見直しを示唆する意味を持つ。 主に日本プロ野球で用いられている言葉であり、何をもって戦力外通告相当とするかは各スポーツあるいは各国で異なる。
    13キロバイト (1,896 語) - 2019年11月21日 (木) 09:03



    (出典 nl.simg.jp)


    クビを宣告された時、どんな精神状態になるのでし

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/03(火) 07:46:21.50

    TBSでは、2004年以降『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』を放送。

    今年の放送日程は、2019年12月30日(月)よる10時~11時半となる。

    https://www.xn--8wv97xz6xo7h.online/TV-senryokugai
    2019.12.02


    (出典 Youtube)
    &t=22s
    【TBS】 バース・デイBGM VTRテーマ


    (出典 Youtube)

    【TBS】 バース・デイ 現オープニングテーマ


    (出典 Youtube)

    【TBS】 バース・デイ BGM 東山紀之 語り 現テーマ


    【【必見】プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達は今⁉️】の続きを読む


    リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi] ( 音声ファイル), 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人サッカー選手。リーガ・エ
    158キロバイト (19,043 語) - 2019年12月2日 (月) 21:01



    (出典 www.football-zone.net)


    流石、メッしですね!

    1 ぜかきゆ ★ :2019/12/03(火) 05:43:51.15

     フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12月2日、2019年のバロンドールを発表し、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶりの受賞を果たした。なお、6度目の受賞は歴代最多回数となっている。

    https://twitter.com/francefootball/status/1201599730582720512?s=20

     メッシは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラ34試合に出場し36ゴール15アシストを記録。バルセロナのリーガ2連覇に大きく貢献していた。チャンピオンズリーグでも10試合に出場し12得点を挙げる活躍を見せたものの、バルセロナは準決勝で敗退していた。

     昨年はレアル・マドリード所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールを初受賞。それまではメッシとユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが10年連続で同賞を独占していた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活していた。

    SOCCER KING 12/3(火) 5:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-01004961-soccerk-socc
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【サッカー】歴代最多6度目の快挙メッシ、4年ぶりにバロンドールを受賞❗️】の続きを読む

    このページのトップヘ