エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:スポーツ > Jリーグ


    森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。長崎県長崎市出身。元サッカー日本代表。日本代表監督兼U-23サッカー日本代表監督。このまま監督として五輪代表(U-23)の指揮を取れば、サッカー日本代表監督と五輪監督を兼ねる史
    37キロバイト (3,484 語) - 2020年1月13日 (月) 14:31



    (出典 www.soccer-king.jp)


    ファンからも、森保続投に疑問の声が上がっている。決断まで残された時間は少ない。少しでも早く、真の “オールジャパン” 体制になれるといいのだが!

    1 シャチ ★ :2020/01/22(水) 11:31:20.53

    「これまでどおり、『日本代表の勝利』『日本サッカーの発展と歴史の継承』、そして『応援してくれる人たちが喜んでもらえるように』という軸を、ぶらさずにやっていきたい」

     U-23アジア選手権に出場した日本は、2敗1分けと惨敗。同大会でのグループステージ敗退は、代表史上初だ。それでも、帰国後の日本代表・森保一監督(51)は冒頭のように話し、続投に意欲を見せた。

    「A代表」と「五輪代表」のポストを兼任する森保監督。手腕が疑問視されているのは、A代表でも同じだ。国内組のみのA代表で臨んだ昨年12月の「E-1選手権」では、韓国に敗れ、優勝を逃した。W杯2次予選こそ全勝中だが、森保監督の戦術、采配について、日に日に批判の声が大きくなっている。

    「だからといって、すぐに後任を探せる時期ではないんです。Jリーグは開幕に向けて各チームがキャンプ入りしていて、優秀な監督はすでに確保されている。欧州もシーズン真っ最中。フリーの立場の監督は、限られている」(スポーツ紙サッカー担当記者)

     日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は1月16日に、「今までどおり変わらない形で」と、森保続投を支持したが、なかなか解任に踏み切れないのには、裏事情がある。

    「そもそも田嶋会長が、『オールジャパンの監督にふさわしい』と言って、東京五輪代表と兼任で任命したのが森保さん。それを、五輪間近に解任となれば、田嶋会長自身の任命責任が問われる」(前出・記者)

     人材難と会長のメンツのために続投とは寂しい話だが、「電撃解任の可能性は残されている」とベテランサッカーライターは語る。

    「3月27日に南アフリカ、3月30日にコートジボワールと、五輪代表の強化試合がおこなわれる。そこで連敗するようなら、五輪代表監督について、交代問題が再燃する。その時点で五輪本番までは4カ月。

     ロシアW杯直前にも、ハリルホジッチ監督を解任して西野朗氏を “昇格” させた。その前例どおりなら、現在、監督代行を務めている横内昭展コーチ、あるいは、ロンドン五輪で指揮を執った関塚隆技術委員長の内部昇格といった形になる。

     ただ、協会としても毎回のように内部昇格ですませている印象は避けたい」

     そこで、協会内で囁かれているのが、意外な人物の復帰だ。

    「じつは、2020年元日の天皇杯決勝に、ザッケローニ元日本代表監督が来場していた。それだけでなく、昨年12月のJ1リーグ最終節でも、横浜F・マリノス対FC東京の試合を観に来ていたんです。『彼と仲のよい田嶋会長が、“視察” を手配した』といわれています。

     昨年まではUAEの代表監督を務めていたが、『UAEでは、ひどい目にあった。給料の遅配は当たり前だし、選手は規律を守らない。その点、日本はすべてが素晴らしい』と協会関係者に漏らすほど、現在も日本協会とは良好な関係。

     東京五輪本番で、彼を日本代表の指揮官に電撃復帰させるという選択肢は、非常に現実的。日本サッカーも熟知していますから」(同前)

     最近は、日本代表戦でもスタジアムに空席が目立ち、テレビ中継の視聴率も苦戦中。前出のスポーツ紙記者はこう話す。

    「ファンの関心を引くために、Jリーグで活躍したかつてのスター選手、ストイコ*やブッフバルトも候補として挙がっているようだ」

     ファンからも、森保続投に疑問の声が上がっている。決断まで残された時間は少ない。少しでも早く、真の “オールジャパン” 体制になれるといいが……。


    (週刊FLASH 2020年2月4日号) 1/22(水) 6:38配信SmartFLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200122-00010001-flash-peo
    2020/01/22(水) 07:15:25.71
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579644925/


    【【衝撃発言】ザッケローニが電撃復帰で「森保一監督」3月解任危機⁉️】の続きを読む


    森保 一(もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。長崎県長崎市出身。元サッカー日本代表。日本代表監督兼U-23サッカー日本代表監督。このまま監督として五輪代表(U-23)の指揮を取れば、サッカー日本代表監督と五輪監督
    37キロバイト (3,484 語) - 2020年1月13日 (月) 14:31



    (出典 www.jfa.jp)


    世間の解任論は高まるばかりで今後の紛糾は必至。すでに後任候補の名前もささやかれ始めるなど、日本サッカー界は大きな岐路に立たされているようです!

    1 1号 ★ :2020/01/16(Thu) 17:06:51 ID:0C7QTJZw9.net

     森保ジャパンに未来はあるのか――。東京五輪アジア予選を兼ねたU―23アジア選手権(タイ)で日本は1次リーグ敗退となり、森保一監督(51)の進退問題が浮上している。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は続投方針を打ち出しているが、世間の解任論は高まるばかりで今後の紛糾は必至。すでに後任候補の名前もささやかれ始めるなど、日本サッカー界は大きな岐路に立たされている。

     1次リーグ最終戦のカタール戦(15日)を前に2連敗で敗退が決定。日本がアジア内の戦いで決勝トーナメント進出を逃すという屈辱的な結果に終わった。日本は開催国として五輪出場権を持っているものの、今回の五輪アジア予選を兼ねた大会で、最低でも準決勝進出は期待されていただけに、ファンから更迭を求める声が高まっている。

     田嶋会長は「基本的にはサポートしていく」と続投方針を示した一方で「技術委員会でどのような議論が行われるか。全てに関することは技術委員会が決めるのがルール」と強調。2018年ロシアW杯前には技術委員会の方針を覆して、バヒド・ハリルホジッチ監督を解任したが、今回は委員会の意見を重視するという。

     その関塚隆技術委員長(59)はバンコクで、1―2で敗れたシリア戦(12日)も保持率やシュート数で上回ったことを指摘。指揮官の指導について「(フル代表と)兼任でやってもらいながら全体の方向性はできてきている。間違った戦い方をしているとは思っていない」と擁護し、田嶋会長と足並みを揃えた。

     ただ、選手交代に消極的な采配やイレブンの長所を生かし切れない戦術、指導への批判が噴出している現状を考えれば他の技術委員から異論が出ることは間違いない。

     また、協会の最高意思決定機関の理事会でも紛糾は避けられない。昨年11月のU―22代表のコロンビア戦での完敗、A代表のベネズエラ戦で4失点惨敗、同12月の東アジアE―1選手権では日韓戦にも敗れた。そして今回の屈辱的な敗退と弱体化は深刻。ファンからは総スカンでテレビ視聴率も1桁が続くなど、人気低迷も顕著だからだ。

     このままでは高額な契約金で日本代表の活動を支える各種スポンサーからも“圧力”が高まるのは確実。さらに協会内には、かねて兼任監督という役割に懐疑的な見方をする幹部もおり、指揮官交代を支持する世論の後押しを受けて「NO」を突きつける動きが加速しかねないだろう。

     日本サッカー界は森保監督を巡って緊迫した状況となってきたが、仮に更迭となれば後任候補は誰か。ロンドン五輪で日本を4強に導き、現チーム状況も把握している関塚委員長、J1川崎や名古屋を指揮した風間八宏氏(58)、イングランドの強豪アーセナルで監督を務めたアーセン・ベンゲル氏(70)らが浮上するとみられる。

     さらにJ1クラブ関係者からは意外な名前も出ている。代表監督を推挙する役割の技術委員長を務めているのが、元鹿島の関塚氏とあって「古巣とのつながりでジーコ(66)っていう手もあるんじゃないか」と指摘。06年ドイツW杯を指揮した代表監督で現在は鹿島のテクニカルディレクターを務める“神様”の再任もあり得ると分析した。

     日本サッカーの将来を左右する森保監督の去就について大きな波紋が広がっているが、今後、どんな結末を迎えることになるか。 

    2020年01月14日 16時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/1691634/


    【【衝撃】高まる森保解任論 後任候補にジーコ!❗️】の続きを読む


    田中 (たなか あお、1998年9月10日 - )は、神奈川県川崎市宮前区出身のプロサッカー選手。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。 さぎぬまSCに入団してサッカーをはじめ、小学3年生から川崎フロンターレの下部組織に入団。同アカデミーには高宇洋、三好康児、板
    11キロバイト (1,273 語) - 2019年12月29日 (日) 02:48



    (出典 www.theworldmagazine.jp)


    「VARは信じられないほどネガティブな権力だ。日本のクリーンで美しいタックルがレッドカードに変換された」と綴り、判定に不満を示していたようです!

    1 1号 ★ :2020/01/16(木) 00:31:56.09

    田中碧が前半終了間際に一発退場 判定に疑問の声「クリーンで美しいタックル」

     U-23日本代表は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権のグループリーグ第3戦でカタールと対戦し、1-1と引き分けた。前半終了間際にMF田中碧(川崎フロンターレ)がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末に一発退場となったが、ジャッジに対して海外からも疑問の声が沸き起こっている。

     すでに2連敗で大会史上初のグループリーグ敗退が決定している日本は、初戦のサウジアラビア戦(2-1)で1ゴールのMF食野亮太郎(ハーツ)と中盤でポジティブな印象を与えた田中碧とMF田中駿汰(大阪体育大→コンサドーレ札幌)の2ボランチに加え、第2戦のシリア戦(2-1)でゴールを決めたMF相馬勇紀(名古屋グランパス)を送り込んだ。

     膠着した時間が続いたが、試合展開が動いたのは前半アディショナルタイムだった。中盤の競り合いでいち早くボールを奪取した田中碧だったが、VARの確認の末、足裏で相手選手を踏みつける危険なプレーとしてレッドカードが提示されることになった。田中碧は納得できない表情を浮かべながらも、俯きながらピッチを後にした。

     このジャッジに対し、海外からも疑問視する声が出ている。ブラジル人ジャーナリストのヴィニシウス・ロドリゲス記者は公式ツイッターで「VARは信じられないほどネガティブな権力だ。日本のクリーンで美しいタックルがレッドカードに変換された」と綴り、判定に不満を示していた。

     VARが介入してもなお判定に疑念が生まれるのは、大会としても見直すべき課題なのかもしれない。

    2020.01.16
    https://www.football-zone.net/archives/241197

    関連スレ
    【サッカー】田中碧、レッドカード1発退場 日本ーカタール
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579097550/


    【【衝撃】 田中碧の退場判定に海外記者も不満「VARはネガティブな権力」⁉️】の続きを読む


    U-23サッカー日本代表(アンダートゥエンティスリーサッカーにほんだいひょう)は、日本サッカー協会 (JFA) によって編成される日本の男子サッカーの23歳以下のナショナルチーム。五輪開催年に23歳の誕生日を迎える選手までが対象となるサッカー日本代表チームでもある。
    43キロバイト (765 語) - 2019年12月28日 (土) 12:02



    (出典 f.image.geki.jp)


    今大会は開催国の日本を除く上位3チームに東京五輪の出場権が与えられる。40年ぶり2度目の五輪出場を狙うシリアの勢いを止めることができず、史上初の屈辱を喫してしまった!

    1 豆次郎 ★ :2020/01/13(月) 00:16:25.44

    スポニチアネックス
    1/13(月) 0:07配信


     森保一監督(51)率いるU―23日本代表が12日、U―23アジア選手権1次リーグB組第2戦でシリアと対戦。1―2で敗戦し、史上初の1次リーグ敗退が決まった。

     1―2で敗戦した9日の初戦サウジアラビア戦から中2日、負ければ史上初の1次リーグ敗退が決まる背水の一戦。前回はベンチスタートとなっていた町田浩樹、相馬勇紀、上田綺世らを起用するなど先発6人を入れ替えて臨んだ。

     中でも初先発の相馬が起用に応えた。日本は前半9分、町田が自陣ペナルティーエリア内で相手選手と接触し、VARの判定によりPKを献上。いきなり先制点を許した。だが、ボールを支配し上田、橋岡が果敢に攻め込み相手を脅*と、前半30分には相馬が右足を振りぬきミドルシュート。ゴールネットを揺らし、同点に追いついた。

    1-1で迎えた後半、攻撃に精彩を欠いた。不用意なパスが目立ち、シュートまで結びつかず。後半31分から途中出場した立田が相手のパスをインターセプトし好機を作るも相手にボールを奪われてしまう。後半37分には橋岡が中央の上田にクロスを送り最大のチャンスを迎えたが、わずかにゴールの右に外れ、絶好機を生*ことはできなかった。

     直後の後半43分、フリーでボールを持ち込ませてしまい、ダリに2試合連続となるゴールを許した。アディショナルタイム突入直後に旗手がシュートを放つも外れ、その後も町田も惜しいシュートを放ったが決め切れず、そのままゲームセット。残りわずかな時間で追いつくことはできなかった。

     今大会は開催国の日本を除く上位3チームに東京五輪の出場権が与えられる。40年ぶり2度目の五輪出場を狙うシリアの勢いを止めることができず、史上初の屈辱を喫した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000245-spnannex-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【衝撃】史上初の1次リーグ敗退 U23日本代表まさか…シリアに1-2敗戦❗️】の続きを読む


    (2019年2月28日). 2019年3月19日閲覧。 ^ 久保建英がついにA代表入り!森保一監督が語った選出理由は?サッカーダイジェストweb 2019年05月23日 ^ “若手メンバーで臨むコパ・アメリカで森保一監督が掲げた目標は?ベテラン岡崎、川島らの招集にも言及”. サッカーダイジェスト. 日本スポーツ企画出版社
    12キロバイト (1,189 語) - 2019年12月29日 (日) 02:54



    (出典 hochi.news)


    「ただ、口先だけの、自分たちがやったことを前面に出してプレーが疎かになるというオーバーエージの選手は選ぶつもりはない」と断言したらしい!

    1 Egg ★ :2020/01/03(金) 18:35:31.31

    東京五輪サッカーの“金メダル計画”が明らかになった。男子代表を率いる森保一監督(51)がインタビューに応じ、本大会への強化策などについて語った。1968年メキシコ五輪銅メダル以上の成績を狙う森保監督はオーバーエージ(OA)枠の選考基準を明言した。

     金メダルを狙うために重要なカギとなるのが本大会で3人を選出できるOA選手だ。「これまでの活動の中で、アンダー世代の選手が多い中でOAの選手が入ってくるメリットはすごく感じることができた」と、OAの活用に前向きな森保監督は、選手の選定基準についても言及する。

    「トレーニングの意図、効果を考えてプレーしてくれる、試合の中でもチームとして戦術的な理解を持って背中を見せてくれる選手と考えている。そしてプレーだけでなく日本サッカーの歴史の継承や本人たちが経験してきた厳しい経験を若い選手たちに言葉でも伝えてくれる選手であれば」

     指揮官の戦い方を理解した上で“あうんの呼吸”で意思疎通ができ、それを実践できる選手となると、A代表でレギュラー起用している選手が選考の軸になるのは間違いない。またリーダーシップを求めているほか、国際経験も重視するとなれば、欧州組のFW大迫勇也(29=ブレーメン)、MF柴崎岳(27=デポルティボ)、DF吉田麻也(31=サウサンプトン)あたりが有力なOA候補になりそうだ。

     その一方で指揮官は「ただ、口先だけの、自分たちがやったことを前面に出してプレーが疎かになるというオーバーエージの選手は選ぶつもりはない」と断言。SNSやメディアを通じて五輪出場を猛アピールしているMF本田圭佑(33)にとっては少し気がかりな“条件”となりそうだ。

     OAを含めた五輪代表の最終登録メンバーはわずか18人という狭き門。その精鋭たちに指揮官は「タフに戦えるメンタリティーとフィジカルの強さ。登録メンバーが少ないことを考えると、複数のポジションをこなせる選手。そして仲間、チーム、日本のために走って戦える犠牲心」を求めているという。

     本番まで約7か月。明らかになったOA選手の選考方針のもと、夢舞台へ向けていよいよ最後のサバイバルが始まる。

    1/3(金) 17:41配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000016-tospoweb-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【衝撃発言】「口先だけの選手は選ばない」<森保監督>東京五輪オーバーエイジ選考基準を明言❗️】の続きを読む

    このページのトップヘ