エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:スポーツ > 海外サッカー


    リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi] ( 音声ファイル), 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人サッカー選手。リーガ・エ
    158キロバイト (19,043 語) - 2019年12月2日 (月) 21:01



    (出典 www.football-zone.net)


    流石、メッしですね!

    1 ぜかきゆ ★ :2019/12/03(火) 05:43:51.15

     フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12月2日、2019年のバロンドールを発表し、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶりの受賞を果たした。なお、6度目の受賞は歴代最多回数となっている。

    https://twitter.com/francefootball/status/1201599730582720512?s=20

     メッシは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラ34試合に出場し36ゴール15アシストを記録。バルセロナのリーガ2連覇に大きく貢献していた。チャンピオンズリーグでも10試合に出場し12得点を挙げる活躍を見せたものの、バルセロナは準決勝で敗退していた。

     昨年はレアル・マドリード所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールを初受賞。それまではメッシとユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが10年連続で同賞を独占していた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活していた。

    SOCCER KING 12/3(火) 5:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-01004961-soccerk-socc
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【サッカー】歴代最多6度目の快挙メッシ、4年ぶりにバロンドールを受賞❗️】の続きを読む


    鎌田 大地(かまだ だいち、1996年8月5日 - )は、愛媛県出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 「キッズFC」でサッカーを始め、小学6年生の時には全国大会に出場し全国制覇を達成した。中学生からはガン
    14キロバイト (1,252 語) - 2019年11月19日 (火) 08:01



    (出典 f.image.geki.jp)


    海外で日本人の活躍嬉しいですね!

    1 ぜかきゆ ★ :2019/11/29(金) 06:59:17.24

     ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が28日に行われ、アーセナルとフランクフルトが対戦した。フランクフルトのDF長谷部誠とMF鎌田大地は揃って先発フル出場を果たした。

     引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるアーセナルは、16分にガブリエル・マルティネッリに2度の決定機が到来。相手のクリアボールをダイレクトで撃ち返したシュートは相手Gkに弾かれ、続くコーナーキックではヘディングが枠を捉えるも、相手DFにライン上でクリアされた。

     攻勢を続けるアーセナルは、前半終了間際に先制点を獲得する。後半アディショナルタイム1分、ピエール・エメリク・オーバメヤンが、マルティネッリのグラウンダークロスにダイレクトで合わせると、シュートは相手GKとクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。

     後半開始から2人を投入して巻き上げを図ったフランクフルトは、55分に鎌田のEL初ゴールでに同点に追いつく。鎌田は右サイドのダニー・ダ・コスタからのパスを正面で受け取ると、ファーストタッチでゴール方向に反転。コースを塞ぎに行った相手DFをフェイントでいなし、左足一閃、強烈なシュートをゴール左下隅へと突き刺した。

     すると64分、鎌田が2ゴール目を挙げ、フランクフルトが逆転に成功する。コーナーキックのこぼれ球を拾った鎌田は、巧みなトラップから右足を振り抜き、ゴール左下隅へと冷静に流し込んだ。

     試合はこのまま終了。フランクフルトは0-3で敗れた初戦の借りを返し、勝ち点を「9」に伸ばして単独2位に浮上した。一方、敗れたアーセナルは今節での決勝T進出を逃すことになった。12月12日に行われるGS最終節では、アーセナルはスタンダール・リエージュと敵地で、フランクフルトはホームでギマランイスと対戦する。

    【スコア】
    アーセナル 1-2 フランクフルト

    【得点者】
    1-0 45+1分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
    1-1 55分 鎌田大地(フランクフルト)
    1-2 64分 鎌田大地(フランクフルト)

    SOCCER KING 11/29(金) 6:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-01003453-soccerk-socc


    【【サッカー】フランクフルト、敵地で逆転勝利鎌田大地がアーセナル相手に圧巻の2ゴール❗️】の続きを読む


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・RCDマヨルカ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。
    39キロバイト (4,976 語) - 2019年11月21日 (木) 06:48



    (出典 dime.jp)


    攻撃の中心となっていた久保はフル出場を果たすも勝利する事が出来ませんでした!

    1 久太郎 ★ :2019/11/23(土) 06:56:39.40

    左サイドハーフで3試合連続の先発 0-1で迎えた後半10分のゴールに絡む
     マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第14節の敵地レバンテ戦に3試合連続で先発出場。0-1で迎えた後半10分に同点ゴールを演出するも、チームは1-2で敗れた。

    久保は10日に行われた前節の本拠地ビジャレアル戦(3-1)で、強烈なミドルシュートを叩き込み待望のリーガ初ゴールをマークした。その後、国際AマッチウィークではU-22日本代表の一員として広島でのU-22コロンビア代表戦(0-2)に出場。代表招集による長距離移動を挟んだものの、この日もスタメンとして名を連ねた。

     今季のマジョルカはここまでアウェーで5戦全敗。初勝利を手にすべく、久保は左サイドハーフで起用された。序盤からボールを保持したマジョルカは、リズム良く攻撃を展開。久保も前半5分に右サイドからのクロスにゴール前へ飛び込む形を見せると、同12分には相手のクリアボールを敵陣左サイドのタッチライン際で受けると巧みなドリブルで2人抜きというシーンを作った。また、同18分には右サイドに回っていた久保の高い位置でのボール奪取から、MFサルバ・セビージャのシュートを導くなど、攻守に絡む姿を見せた。一方のレバンテは前半に負傷で2人が交代となるアクシデントに見舞われたなか、前半は0-0で終えた。

     後半は立ち上がりからレバンテが攻勢を仕掛けると、同7分に右サイドのクロスからFWロジェール・マルティがヘディングシュートを叩き込み先制する。1点を追う形となったマジョルカは、なかなか良い形を作れないが、同13分には中央に入った久保がボールを受け、強烈な左足の一撃を放ったが、シュートはGK正面をついた。

     その後、久保は右サイドハーフに回り、マジョルカも徐々にリズムを取り戻したなか、同10分に同点ゴールが生まれる。相手のクリアボールをDFジョアン・サストレが奪うと、敵陣右サイドで久保がキープ。相手2人を引きつけると、フリーで駆け上がったサストレにパスを出し、そのクロスをMFダニ・ロドリゲスが決めて同点に追いついた。

     しかし同28分、レバンテのMFルベン・ロチーナに約30メートルの距離から豪快なロングシュートを叩き込まれ、再び1点を追う展開に。攻撃の中心となっていた久保はフル出場を果たすも、レバンテが退場者を1人出すなかでチームは2点目を奪えず1-2のまま終了。マジョルカは今季のアウェーゲーム6戦全敗となり、勝ち点を上積みできなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00230731-soccermzw-socc


    【【サッカー】マジョルカは今季アウェーで6戦全敗!久保建英、フル出場でゴール演出も…1-2で敗戦 】の続きを読む


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・RCDマヨルカ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。
    39キロバイト (4,942 語) - 2019年11月10日 (日) 13:47



    (出典 www.nikkansports.com)


    久保建英が、大絶賛されたゲームでした!

    1 久太郎 ★ :2019/11/10(日) 23:31:22 ID:JqgFyETp9.net

    ビジャレアル戦で待望のリーガ初ゴール 相手GKに「できることは何もなかった」
     マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に2試合連続で先発出場し、後半8分に得意の左足で強烈なミドルシュートを決めた。待望の移籍後初ゴールをスペイン紙「マルカ」も「ミサイル」と称して、歓喜の瞬間を速報した。

     この日の久保はビジャレアルを相手に序盤から積極的なプレーを見せ、前半13分には左サイドを突破し鋭いフェイントでペナルティーエリアに侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。さらに同22分には右サイドでの華麗なヒールパスから2本目のPK奪取を演出し、マジョルカは2点のリードをもって前半を折り返した。

     後半4分に1点を返されるも、2-1で迎えた同8分、待望の瞬間が訪れる。ペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が鋭いボディフェイントでシュートコースを生み出すと、そのまま左足を一閃。ゴール右隅に強烈な一撃を突き刺した。FW大久保嘉人、MF家長昭博に続き、マジョルカでゴールを記録した史上3人目の日本人選手となった。

     スペイン紙「マルカ」電子版の試合速報では、移籍後初ゴールを含む3得点に絡んだ久保が称賛されている。

    「素晴らしいゴール。(ビデオゲームの)FIFAではない。この日本人にとってマジョルカのユニフォームで初ゴールだ。タケ・クボにとってなんて素晴らしい試合だ! なんというミサイルだ! 彼はエリアの外からシュートを決めた。(ビジャレアルGK)アセンホにできることは何もなかった」

     マジョルカは久保の活躍もあって3-1でビジャレアルを下し、4試合ぶりの白星。久保の鮮やかな一撃が勝利に花を添えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00228297-soccermzw-socc


    【【必見】久保建英の“弾丸ミドル”をスペイン紙絶賛「素晴らしい」「なんというミサイルだ!」❗️】の続きを読む


    本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。サッカー指導者。日本の実業家。サッカー経営者。エールディヴィジ・SBVフィテッセ所属。ポジションはFW・MF。元日本代表。カンボジア代表監督・GM。
    118キロバイト (13,613 語) - 2019年11月7日 (木) 16:34



    (出典 pbs.twimg.com)


    これからどんなパフォーマンスをしてくれるか楽しみです!

    1 Egg ★ :2019/11/07(木) 09:35:11.95 ID:miS0Cqfc9.net

    オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団後、所属先のなかった本田圭佑(33)6日、ツイッターで「プレイするクラブ決めました!」とツイートした。

    その後、本田が10月31日から練習参加していたオランダ1部のフィテッセが加入を正式に発表した。契約は今季終了まで。

    来年の東京五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場し、金メダルを獲得するという大目標へ向け、現在リーグ5位のフィテッセが新天地に決まった。

    11/6(水) 23:03配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-11061135-nksports-socc

    フランス全国紙『L'Equipe』が、「ケイスケ・ホンダがようやく拠点を見つけた。彼は1週間に渡るテストに受かった」と報じれば、メキシコ・メディア『Record』は「幸運がケイスケ・ホンダに微笑んだ。彼はオランダでプレーを再開させる」と紹介した。

     もちろん、オランダ国内のメディアでも本田のフィテッセ入りは、大きく取り上げられている。日刊紙『Algemeen Dagblad』は、「フィテッセとホンダの契約が完了した」と銘打った記事のなかで、次のように伝えている。

    「夏にメルボルンを退団して以来、所属クラブのなかったホンダとフィテッセの関係を結んだのは、(レオニド・)スルツキ監督との友情があったからだ。このロシア人監督がすぐさまアクションを起こし、獲得に向けて多大なる努力を注いだことが大きく影響した」

     当然、フィテッセ・ファンの期待値も高い。クラブの公式ツイッターには「非常に大きく、重要な契約だ」「レジェンドが帰ってきた」「VVVのカイザー(皇帝)がやってきた」など好意的なコメントが相次いでおり、早くもフィーバーを巻き起こしている。

     現在フィテッセはエールディビジで、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ予選プレーオフ出場圏内である2位に勝点2差の5位につけている。そんな欧州カップ戦行きを狙うチームに、本田はいかなる化学反応をもたらすのか。そのパフォーマンスに注目したい。

    11/7(木) 5:20配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066349-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 Egg ★ 2019/11/06(水) 23:24:24.27
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573050264/

    【サッカー】<本田圭佑>英語でメッセージ!「たった今、フィテッセと契約しました」「東京五輪に出たい」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573055570/


    【【必見】<本田圭佑>「皇帝がやってきた!」フィテッセ加入決定!世界のメディアもファンも熱狂!契約は今季終了まで❗️】の続きを読む

    このページのトップヘ