エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:ニュース > マネー


    まじか・・・年明けの「サラリーマン増税」にネット騒然


    給与収入より住民税額が特別徴収される。 給与所得については、給与収入から、給与所得控除又は特定支出控除(経費相当分)を行って算定される。 給与所得の金額は、総合課税である。他の所得と合算されて総所得金額へ集約される。 給与収入から控除される給与所得控除額は、実際にかかった必要経費の額ではなく、給与
    14キロバイト (1,902 語) - 2019年12月28日 (土) 00:34



    (出典 imgcp.aacdn.jp)



    【【必見】年明けの「サラリーマン増税」にネット騒然❗️】の続きを読む


    富裕層(ふゆうそう)とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯を指す。素封家、又は、より広く捉え直した上で細分化して、富裕層(保有資産額100万ドルあるいは1億円以上)若しくは超富裕層(同3000万ドルあるいは5億円以上) などの用語が使用される。
    9キロバイト (713 語) - 2019年12月6日 (金) 10:30



    (出典 shunkosha.co.jp)


    設備投資は事業収益という形で、将来にわたってフローを生み出すので、これも経済成長に貢献するらしい!

    1 豆次郎 ★ :2019/12/25(水) 12:13:10.84

    12/25(水) 7:01配信
    現代ビジネス
    超大金持ちに「富裕税」をかけたら、社会はここまで変わります

     米国で富裕層が保有する資産に税金を課す、いわゆる「富裕税」の導入が現実味を帯び始めている。次期大統領選挙をめぐっては、民主党の複数の候補者が富裕税を主張しており、民主党政権が誕生した場合には、具体的な施策が検討される可能性が出てきた。

    税務署があえて言わない、年金暮らしの人が「手取り」を増やす裏ワザ

    富裕層は資金を遊ばせない

     近年、グローバル経済の発達によって格差問題が議論されるケースが増えている。かつては貧困問題の方が圧倒的に重要なテーマだったが、この問題に対しては大きな政府という形で弱者支援の支出を増やすというのが定番の解決策だった。

     だが、今、米国で議論されているのは貧困という下方向の格差ではなく、特定の超富裕層が富の多くを独占するという、上方向への格差である。たくさん富を持ったところで、1人の人間が消費する金額には限度があるので、富の多くを一部の富裕層が独占してしまうと、社会全体でお金が回りにくくなるとされる。

     富裕層が富を独占することが経済にとってマイナスなのかは、簡単に結論付けられる話ではない。

     富裕層は保有する富をタンス預金しているわけではなく、そのほとんどを何らかの金融商品で運用している。現金を銀行に預金している場合でも、そのお金はほぼ全額、融資などの運用に回っているので、マネーがそのまま滞留している可能性は限りなくゼロに近い。

     マクロ経済的に見た場合、こうした貯蓄は最終的に設備投資に充当されるので、富裕層が保有するストックは設備投資への支出という形でフローに変わり、その分だけGDP(国内総生産)に貢献している。しかも設備投資は事業収益という形で、将来にわたってフローを生み出すので、これも経済成長に貢献する。

     つまり、富裕層が富を独占していたとしても、マネーの行き来が停滞する可能性は低いということになる。だが消費を中心とした直接的なフローという面に注目すると話は変わってくる。

    中間層以下が資産を持つ方が消費は拡大する

     一般的に富裕層は中間層以下と比較して高額な消費を行っており、多くの人が願望としてイメージする「地味で散財しないお金持ち」というのは現実にはあまり存在しない。だが、いくら富裕層が高額消費を行うといっても、1人の人間が消費する金額には限度がある。

     同じ金額を富裕層が独占しているケースと、富の大半を中間層が分散所有しているケースを比較すると、消費の額は確実に後者の方が大きくなるだろう。中間層以下の場合には、支出過剰で資産を取り崩す割合も高いので、直接的な消費の比率は高くなる。

     富裕層の寄付についても同様である。富裕層で寄付を行う人は多いが、寄付には2つの種類がある。ひとつは、日常的に行われるそれほど金額の大きくない寄付で、これは経済学的にフローを増やす効果がある。もうひとつは、本人の死亡や現役引退などによってまとまった資金が団体に寄付されるケースである。

     この場合、資金を受け取った団体は、それを直接支出せず、運用に回し、運用益をフローとして支出することになる。そうなると富裕層が個人的に資金を運用し、運用によって得られた利子や配当金を個人的に消費するのとあまり変わらなくなる。中間層が資産を分散保有しているケースでは、寄付するにしても、大半が日常的な寄付になるので、消費が増える可能性は高い。

     富裕層による富の集中が経済にとってマイナスとは断言はできないが、それが行き過ぎた場合、消費停滞の原因になる可能性はそれなりに高いと考えてよいかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00069429-gendaibiz-bus_all


    【【衝撃発言】社会はここまで変わります。超大金持ちに「富裕税」をかけたら❗️】の続きを読む


    ャミン・タッカー(英語版)はプルードンのことを「資本の所有を社会化することには反対だったにもかかわらず、プルードンはそれでも、少数を豊かにするために多くの人を貧困に陥らせる手段の代わりに、全員にとってその用途が有益になるようにして、資本所有効果の社会化を目指した。..
    6キロバイト (869 語) - 2018年9月27日 (木) 09:15



    (出典 i2.gamebiz.jp)


    このお金が貯まらない原因、人間なら誰しもが持っている「所有効果」のせいらしい!

    1 ニライカナイφ ★ :2019/12/24(火) 19:02:13.15

    「なぜかお金が貯まらない……」そう悩んでいる人は多いですよね。
    実際、お金の問題が解決すれば、人生の問題の9割は解決するとも言われています。

    実は、このお金が貯まらない原因、人間なら誰しもが持っている「所有効果」のせいなんです。
    所有効果とは、持っているものに高い価値を見出してしまい、捨てられないことを指します。

    では、お金持ちと言われる人たちは、どんなものを「買わない」のでしょうか。
    9年間の都市銀行での勤務経験で富裕層と頻繁に接した経験から、お話します。

    ■ マイホーム

    まず、お金のかかる典型例といえば、持ち家ですよね。
    CMの印象から、結婚や出産のタイミングで家を購入することが常識のように思われていますが、これは住宅業界の戦略にはまっています。

    お金持ちの人たちは、親から家を譲り受けているか、賃貸でライフスタイルに合わせて柔軟に動けるようにしているかのどちらかです。
    こう聞くと、「引っ越しが発生したら、持ち家を売れば良いんじゃない?」と思う方も多いはず。

    しかし、ここで所有効果を思い出してみましょう。なぜか人は自宅を売却する時に、最初に法外な値段をつけると言われています。
    これは、長年住んだ家への愛着や思い出などの感情と物理的な家が一体化して特別なモノになってしまい、いざ売るとなると「思っていたよりもずっと安い値段だった」ということが起きてしまうからです。
    10年以上、その土地に住み続けるなら話は別ですが、少しでも転職や転勤の可能性がある場合、家は持たない方がお金は貯まり、家が足かせになってせっかくの海外赴任や転職の機会を棒に振らずに済むということもあるでしょう。

    ■ マイカー

    次にお金のかかるモノで挙げられるのは、車です。
    カーシェアやレンタカーはもちろん、今はタクシーもアプリなどで便利に予約できますよね。

    週末にしか車に乗らない生活を送る都内や地方都市に住んでいる人たちは、本当に車を持つ必要性があるのでしょうか? 
    これも、「新しいものは価値がわからないので、価値を低く見積もる。今持っているものは使いこなし方が分かっているので価値を高く見積もる」という所有効果の典型例です。

    例として分かりやすいのは転職でしょう。
    職場環境が悪く、客観的に見たら絶対に転職したほうが良いのに、本人は「まぁ良いところもあるから…」と思い込んでしまい、愛着の効果でなかなか行動に移せないことも多いものです。

    車もそうで、週末にしか乗らないし、歩けば20分程度で済むところを車に乗ることで駐車場代を払ったり、ガソリン代や車検代を払って所有を維持する。どう考えても非合理です。
    でも、今持っている車が便利ですばらしいと思い込んでしまい、歩くことで得られる健康や、渋滞や駐車場を探すストレスに考えが及びません。

    お金持ちの人たちは車を持たず、タクシーで移動しています。
    健康のために電車やバスを使っている人も意外と多いのです。
    子供の人数が多いなどの理由で車を持っている人も、高級車でなく、実用に合わせた車を使っています。

    ■ 高級時計

    一流ブランドの高級時計は、本当のお金持ちの人はまず持っていません。
    むしろ、上場企業の課長や部長といった小金持ちの人たちが好んで付けています。

    高級時計のような地位財を身につけることは、「自分を良く見せたい」という心理によるものです。
    しかしお金持ちの人は、他人に自分のことを裕福だと知ってもらう必要がないので、ハイテク機能が優れているわけでもない高級時計をわざわざ身につける必然性がありません。

    また、ここでも「相手も同じような感情を持っているだろうという根拠のない思い込み」という所有効果が発生しています。
    メルカリやヤフオクをやったことのある方は、思っていたよりも自分のお気に入りの品が高い値段で売れなかった、という経験がありませんか? 
    フリマサイトの文章がやたらと長いのも、この思い込みが働いています。

    お金持ちの人たちは、特に30~40代の社長に顕著ですが、スマートウォッチなど睡眠ログが取れて体調管理をしてくれるものを好んで使っています。
    これらは安いもので2万円、AppleWatchなど高いものでも8万円程度ですが、健康といった将来の投資効果を考えると、高級時計よりよほど価値が高いというわけです。

    ☆続きはソースでご覧ください
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00014545-toushin-bus_all


    【【必見】「マイホーム」「マイカー」「高級時計」お金持ちになるために買ってはいけない3つのもの⁉️】の続きを読む


    日本は、米ドル建て国債(ソブリン債)のデフォルトに陥っている。 1947年(昭和22年)、戦後混乱期の日本では日本国債の発行額が税収を上回り、それが戦後インフレーションの原因になったという反省から財政法が制定され、赤字国債の発行と日銀の赤字
    8キロバイト (1,280 語) - 2019年2月4日 (月) 00:07



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【回帰】18年度残高 GDPの2倍 日本の借金、太平洋戦争末期水準⁉️

    1 1号 ★ :2019/12/17(火) 11:05:16.83

     日本が抱える借金の規模が太平洋戦争の末期とほぼ同じ水準になっている。借金の推移を示すグラフは二度大きな山を描いており、一度目は敗戦後の極端なインフレで帳消しになる一方で国民の資産も失われた。現在も編成作業が大詰めに入った二〇二〇年度当初予算案は過去最大になる見通しで、巨額借金の帰結がどうなるのか、誰も答えを見いだせていない。 (渥美龍太)

     「戦前・戦時期の金融市場」を著した東京海上アセットマネジメントの平山賢一氏の分析では、一八年度の国内総生産(GDP)に対する借金残高比率は200%。終戦前年一九四四年度は国の借金の経済規模に対する比率は204%で両者はほぼ同じ水準だ。

     一九年度四兆五千億円の補正予算案に加え、二〇年度当初予算案も二年連続の百兆円超えの見通し。借金残高はさらに上昇する。

     戦時発行された国債は戦後のインフレで価値を失い、購入していた一般国民が大きな損失を被った。今は大規模金融緩和の一環で日銀が国債を大量に買い入れ所有する。

     日銀元審議委員木内登英(たかひで)氏は「日銀の買い入れで財政規律が緩んだ」と指摘。「借金は結局、将来世代へのツケ回し。企業が将来の増税などで消費が落ちるとみなし、賃金や設備投資を抑える弊害もすでに生じている」とみる。 

    東京新聞
    2019年12月17日 朝刊
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201912/CK2019121702000155.html

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    【【必見】18年度残高 GDPの2倍 日本の借金、太平洋戦争末期水準⁉️】の続きを読む


    収入 (カテゴリ 独自研究の除去必要な節のある記事/2019年1月-6月)
    ア 雇用者所得 世帯員勤め先から支払いを受けた給料・賃金・賞与の合計金額をいい、税金や社会保険料を含む。 なお、給料などの支払いに代えて行われた現物支給(有価証券や食事の支給など)は時価で見積もった額に換算して含めた。 イ 事業所得 世帯員
    16キロバイト (2,406 語) - 2019年9月3日 (火) 15:51



    (出典 lofery.com)


    失われた30年を経て、日本は給料が低い国になってしまったよ

    1 ばーど ★ :2019/12/16(月) 11:05:40.37

    「日本って給料安いんじゃない?」。昨春からジャスダック上場のソフトウエア開発会社で働く香港出身の楊燕茹さん。日本行きを相談した時の両親の心配そうな顔が忘れられない。米国でシステムエンジニアとして働く弟の給料は楊さんの4倍だ。

    「物価が安いし、何よりウェブデザイナーとして学ぶことは多い」。楊さんは気に留めないが、米系人事コンサル大手、マーサー日本法人の白井正人執行役員は言い切る。「失われた30年を経て、日本は給料が低い国になってしまった」

    ■「憧れの出稼ぎ先」今は昔

    かつて新興国の人々が「出稼ぎ先」として憧れた日本。その地盤沈下はデータが物語る。

    マーサーが世界129カ国と中国19都市を対象に実施する「総報酬サーベイ」を基に、2007~17年の報酬を分析してみよう。システム開発マネジャーの場合、07年を100とすると17年の年収は日本は99と微減。一方、ベトナムは145、中国・上海は176、タイは…

    2019/12/12 2:00日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53122660Z01C19A2SHA000/

    ★1が立った時間 2019/12/16(月) 09:54:40.46
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576457680/


    【【驚き】失われた30年、日本は給料が低い国に…人材流出、高まるリスク 「年収1400万円は低所得」⁉️】の続きを読む

    このページのトップヘ