エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:ニュース > マネー


    日本は、米ドル建て国債(ソブリン債)のデフォルトに陥っている。 1947年(昭和22年)、戦後混乱期の日本では日本国債の発行額が税収を上回り、それが戦後インフレーションの原因になったという反省から財政法が制定され、赤字国債の発行と日銀の赤字
    8キロバイト (1,280 語) - 2019年2月4日 (月) 00:07



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【回帰】18年度残高 GDPの2倍 日本の借金、太平洋戦争末期水準⁉️

    1 1号 ★ :2019/12/17(火) 11:05:16.83

     日本が抱える借金の規模が太平洋戦争の末期とほぼ同じ水準になっている。借金の推移を示すグラフは二度大きな山を描いており、一度目は敗戦後の極端なインフレで帳消しになる一方で国民の資産も失われた。現在も編成作業が大詰めに入った二〇二〇年度当初予算案は過去最大になる見通しで、巨額借金の帰結がどうなるのか、誰も答えを見いだせていない。 (渥美龍太)

     「戦前・戦時期の金融市場」を著した東京海上アセットマネジメントの平山賢一氏の分析では、一八年度の国内総生産(GDP)に対する借金残高比率は200%。終戦前年一九四四年度は国の借金の経済規模に対する比率は204%で両者はほぼ同じ水準だ。

     一九年度四兆五千億円の補正予算案に加え、二〇年度当初予算案も二年連続の百兆円超えの見通し。借金残高はさらに上昇する。

     戦時発行された国債は戦後のインフレで価値を失い、購入していた一般国民が大きな損失を被った。今は大規模金融緩和の一環で日銀が国債を大量に買い入れ所有する。

     日銀元審議委員木内登英(たかひで)氏は「日銀の買い入れで財政規律が緩んだ」と指摘。「借金は結局、将来世代へのツケ回し。企業が将来の増税などで消費が落ちるとみなし、賃金や設備投資を抑える弊害もすでに生じている」とみる。 

    東京新聞
    2019年12月17日 朝刊
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201912/CK2019121702000155.html

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    【【必見】18年度残高 GDPの2倍 日本の借金、太平洋戦争末期水準⁉️】の続きを読む


    収入 (カテゴリ 独自研究の除去必要な節のある記事/2019年1月-6月)
    ア 雇用者所得 世帯員勤め先から支払いを受けた給料・賃金・賞与の合計金額をいい、税金や社会保険料を含む。 なお、給料などの支払いに代えて行われた現物支給(有価証券や食事の支給など)は時価で見積もった額に換算して含めた。 イ 事業所得 世帯員
    16キロバイト (2,406 語) - 2019年9月3日 (火) 15:51



    (出典 lofery.com)


    失われた30年を経て、日本は給料が低い国になってしまったよ

    1 ばーど ★ :2019/12/16(月) 11:05:40.37

    「日本って給料安いんじゃない?」。昨春からジャスダック上場のソフトウエア開発会社で働く香港出身の楊燕茹さん。日本行きを相談した時の両親の心配そうな顔が忘れられない。米国でシステムエンジニアとして働く弟の給料は楊さんの4倍だ。

    「物価が安いし、何よりウェブデザイナーとして学ぶことは多い」。楊さんは気に留めないが、米系人事コンサル大手、マーサー日本法人の白井正人執行役員は言い切る。「失われた30年を経て、日本は給料が低い国になってしまった」

    ■「憧れの出稼ぎ先」今は昔

    かつて新興国の人々が「出稼ぎ先」として憧れた日本。その地盤沈下はデータが物語る。

    マーサーが世界129カ国と中国19都市を対象に実施する「総報酬サーベイ」を基に、2007~17年の報酬を分析してみよう。システム開発マネジャーの場合、07年を100とすると17年の年収は日本は99と微減。一方、ベトナムは145、中国・上海は176、タイは…

    2019/12/12 2:00日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53122660Z01C19A2SHA000/

    ★1が立った時間 2019/12/16(月) 09:54:40.46
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576457680/


    【【驚き】失われた30年、日本は給料が低い国に…人材流出、高まるリスク 「年収1400万円は低所得」⁉️】の続きを読む


    実質賃金(じっしつちんぎん)とは、労働者が労働に応じて取った賃金が、実際の社会においてどれだけの物品の購入に使えるかを示す値である。賃金から消費者物価指数を除することで求められる。このときの賃金、すなわち貨幣で受け取った賃金そのもののことを名目賃金(めいもくちんぎん)という。 労働者の賃金
    12キロバイト (1,908 語) - 2019年3月30日 (土) 00:26



    (出典 pds.exblog.jp)


    【】日本は確実に貧しくなっている⁉️日本の実質賃金「一人負け」状態❗️

    1 ばーど ★ :2019/12/16(月) 12:18:30.81

    ※日経新聞の「安いニッポン」特集をテレ朝が特集
    「低所得者」分類される世帯年収はサンフランシスコ1415万円、ニューヨーク935万円、ロサンゼルス915万円、日本は300万円(厚労省)

    ■「一人負け」状態・日本の実質賃金・世界との格差

    OECD加盟国の実質賃金の推移によると日本以外の国は軒並み増加している。

    米国では下位90%の所得はほぼ横ばいだが、上位1%の所得は上がり格差が広がっている。

    経済評論家・加谷珪一は「米国は高所得者の収入が増えることで格差が拡大しているが、日本はバブル以降大多数の人の収入が徐々に減り続けることで格差が拡大しており、日本経済が成長していない」と指摘。

    石原良純、玉川徹は「日本人はみんな一緒に貧しくなるならいいやと思う人が多いのではないか。先進国ではないという事は世界が豊かになっている時に日本だけは豊かではない。通貨は国力に比例するので日本の地位が下がれば円が下がる。米国は食料、エネルギーは国内で完結しているが、日本はあらゆる資源を世界から輸入している。給料が変わらず円が下がったら物価が上がる。この時多くの日本人は大変な思いをする」、山口真由のスタジオコメント。

    2019/12/16 08:36 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
    https://jcc.jp/news/15439784/

    https://twitter.com/kurofmarry/status/1206361207155740672

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://twitter.com/kurofmarry/status/1206377733363662848

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ■関連スレ
    【安いニッポン】「年収1400万円は低所得」 失われた30年、日本は給料が低い国に…人材流出、高まるリスク ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576461940/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【悲惨】日本は確実に貧しくなっている⁉️日本の実質賃金「一人負け」状態❗️】の続きを読む


    増税によって消費が落ち込む可能性がある」「すでに消費増税という『自己破壊的な政策』を実行に移したことで、日本経済は勢いを失い始めている。このままいけば、日本はデフレに逆戻りするかもしれない」と述べている。また、消費税増税に関して日本政府へ警告を発し、消費税
    222キロバイト (33,270 語) - 2019年11月21日 (木) 04:06



    (出典 shop9-makeshop.akamaized.net)


    GDPの減少を観ると増税が間違っていたという事実はほぼ揺るがない!

    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/16(月) 03:19:49.03

    ――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

    ***

     日本は緊縮財政にふさわしくない時期に消費税を3度も引き上げた。3度目の増税は予想よりも大きな打撃を経済に与えている。
     日本経済研究センターが10日発表した10月の月次国内総生産(GDP)は前月比3.7%減少となった。 消費税が8%から10%に引き上げられたことが響いた。これは、政府が同じ過ちを*、消費税を5%から8%に引き上げた2014年4月のGDPに迫る落ち込みぶりだ。
     消費税増税だけでなく、10月に襲来した台風19号「ハギビス」も影響した。しかし、台風が来る前から問題が予想より大きいことを示す兆しが9月に表れていた。
     9月の百貨店の小売売上高は、増税前の駆け込み需要で前年同月比22.8%増となった。2014年3月の同伸び率もそれをわずかに上回る25.2%だった。
     内閣府が発表した9月の景気ウォッチャー調査も10月の月次GDPが2014年4月以来の大幅な落ち込みになることを示唆していた。どの程度が天候で、どの程度が政策によるものかを正確に見極めるのは不可能だ。しかし、増税が間違っていたという事実はほぼ揺るがない。
     日本の経済政策において歴史は繰り返す。1度目は悲劇として、2度目は茶番として。1997年と2014年の消費税増税がいずれも同じ効果をもたらしたことを踏まえれば、増税が景気回復に水を差したときに政府はいいかげん驚いたふりをするのをやめるべきだ。
     国際機関も助けになっていない。国際通貨基金(IMF)は先月、向こう10年で消費税をさらに5%引き上げることを求めた。
     この景気低迷を受け、政府はゆがんだ財政政策全般を見直すかもしれない。純利払い費が対名目GDP比で1%を優に下回っていることを考えれば、日本は債務の持続可能性を重要視しすぎている。
     たとえ政府債務の増加が懸念材料だとしても、度重なる増税はむしろそれを悪化させることは既に明白なはずだ。需要を継続的に抑制し、名目GDPの低成長見通しを一段と根付かせることになるためだ。
     日本が政府支出との神経質な関係を是正するには、まずは来年の財政刺激策をうやむやにしないことだ。日本政府は景気刺激と関係ない支出や民間投資奨励費用を総額に含め、景気対策を誇張するきらいがある。
     過ちを繰り返してきたとはいえ、それを正し始めるのに遅すぎることは決してない。日本は本格的な財政刺激策を実施すべきだ。IMFは無視し、さらなる増税計画は多くのくだらない経済政策案と共に葬り去るべきだ。
    (The Wall Street Journal/Mike Bird)

    2019.12.13 4:30
    https://diamond.jp/articles/-/223356

    ★1が立った時間 2019/12/13(金) 19:50:44.43
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576252122/


    【【必見】消費増税という日本が繰り返した過ち⁉️】の続きを読む


    日本放送協会 (NHKテレビからのリダイレクト)
    この他、NHKが所有する施設には、NHK放送博物館、NHK放送文化研究所、NHK放送技術研究所、千代田放送会館、NHK京都保養所洛風荘がある。 日本国内向け NHK総合テレビ番組一覧 NHK教育テレビ番組一覧 NHK衛星放送番組一覧 NHKラジオ第1番組一覧 NHKラジオ第2放送#番組一覧 NHK FM番組一覧
    120キロバイト (15,147 語) - 2019年12月9日 (月) 08:34



    (出典 www.nhk-ondemand.jp)


    「主に受信料に関する不満の声、NHKの改革が不十分ではないかといった声が見受けられた」とNHKへの不満の声が多かったと改革を求める声の多さを指摘した!

    1 ばーど ★ :2019/12/15(日) 10:54:13.07

    高市早苗総務大臣は13日の記者会見で、NHKの同時配信を巡るパブコメについて「民放連、日本新聞協会、個人の方々や、関係団体の方々からも本当にたくさん出ている。まだ全てを読み切れてはいないが、十分に参考になる意見もあった」と述べたうえで、パブコメでは「主に受信料に関する不満の声、NHKの改革が不十分ではないかといった声が見受けられた」とNHKへの不満の声が多かったと改革を求める声の多さを指摘した。

     高市大臣は「インターネット活用業務の実施費用については『総務省の基本的考え方』を概ね踏まえたものとなっているが、三位一体改革については具体的な取り組み内容が十分に示されていないと感じている。特に既存業務の見直しについて、もう少ししっかり進めていただきたい」と注文を付けた。

     高市大臣は「今後、NHKでは早期に『業務』『受信料』『ガバナンス』の各項目の具体的な取り組み内容を明らかにしていただくことが必要だ」とした。次期会長の下でどこまで切り込んだ改革ができるのか、課題は大きい。(編集担当:森高龍二)

    2019年12月15日 09:04
    http://economic.jp/?p=87615


    【【NHK】改革不十分の声が主、受信料への不満、高市総務大臣❗️】の続きを読む

    このページのトップヘ