エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:ニュース > マネー


    ボーナス 業績などに応じて与えられる特別手当、賞与のこと。 上記に転じて、各種ゲームなどにおいて、特別に与えられる得点やサービスのこと。買い物のポイントサービスそのものや、特別にポイントが追加されたりする場合のこと。 パチスロのボーナスゲームのこと。サミー社のパチスロ・玉緒でポンでは、棒にナス
    959バイト (125 語) - 2019年12月2日 (月) 11:47



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    昨年度は夏より冬に多く支給されており、今年度は夏冬を均等配分したため、減少した

    1 記憶たどり。 ★ :2019/12/10(火) 15:29:04.41 ID:NJ2bVyNE9.net

    https://www.sankei.com/politics/news/191210/plt1912100008-n1.html

    東京都職員約16万9000人に冬のボーナス(冬季手当)が10日、支給された。
    職員1人当たり(平均年齢40・8歳)の平均支給額は、94万7578円(前年比5・3%減)。
    支給総額は1629憶円。昨年度は夏より冬に多く支給されており、今年度は夏冬を均等配分したため、減少した。

    小池百合子知事は約212万円で、副知事は約347万円。知事は平成28年の就任当初から
    都政改革の推進を理由に50%の減額措置を取っている。そのほか、議長が約254万円、議員は約205万円だった。


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575948238/
    1が建った時刻:2019/12/10(火) 12:23:58.94


    【【ボーナス】東京都職員平均94万7578円(平均年齢40.8歳)冬の賞与⁉️】の続きを読む


    セブン-イレブン(英: 7-Eleven)は、アメリカ合衆国発祥のコンビニエンスストアである。日本においてはコンビニエンスストア最大手であり、チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している企業である。 日本では、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの子会社である株式会社セブン-イレブン・ジャパン(英:
    140キロバイト (19,462 語) - 2019年12月2日 (月) 06:10



    (出典 townwork.net)


    フランチャイズ加盟店の従業員に対し、 長期間に渡って賃金の一部の未払いがあった

    1 記憶たどり。 ★ :2019/12/10(火) 11:49:08.70

    https://this.kiji.is/576961398888252513?c=39546741839462401

    コンビニ大手セブン―イレブンで、フランチャイズ加盟店の従業員に対し、
    長期間に渡って賃金の一部の未払いが発生していたことが10日、分かった。
    計算プログラムのミスが原因で、総額は数億円に上るとみられる。


    【【コンビニ】総額は数億円に上る見込み❗️セブンイレブン、計算ミスで長期間にわたり従業員に賃金未払い⁉️】の続きを読む


    詐欺 (カテゴリ 情報の更新が必要とされている項目/2019年)
    されているコードを盗む詐欺。悪意をもつアダルトサイトやSNSサイト上で、特定のプリペイドコードを入力すると使用可能になると謳い、利用者が騙されて入力する事によってし取られるケースが多い。プリペイドカードの購入に身分証明は必要ないものが多く、コンビニなどで誰でも手軽に買える商品のため、コードをし取られても証拠が残りにくい。
    22キロバイト (3,068 語) - 2019年10月28日 (月) 14:43



    (出典 data-mix.org)


    又、新しい振込み詐欺で

    1 1号 ★ :2019/12/05(木) 11:35:40.64

     警察官を名乗ってニセ電話詐欺の「だまされたふり作戦」に協力を依頼し、現金などを送らせる手口の詐欺事件が茨城県内で確認された。つくば市の無職女性(85)が、現金計約3250万円をだまし取られたという。

     県警つくば北署によると、9月19日午後4時ごろ、女性宅に警察官を名乗る男から「ニセ電話詐欺に注意して下さい」という電話があり、「相談窓口」の電話番号を伝えられた。
     翌日、女性の親戚を名乗る男から「不倫相手を妊娠させた。示談金を工面してほしい」などと電話があった。「詐欺だ」と思った女性が前日伝えられた番号に電話したところ、警察官を名乗る男から「犯人を捕まえるため、だまされたふりをして送金してほしい」などと要求された。
     信用した女性は、指定された都内の住所に現金250万円を宅配便で送金。その後も警察官を名乗る男から複数回指示があり、10月3日までに2回、現金計200万円とキャッシュカード2枚を宅配便で送った。
     女性はその後も男と連絡を取り合っていたが、先月30日、電話がつながらなかったことで不審に思って警察に通報し、被害がわかった。カードの口座からは先月21日までに計約2800万円が引き出されていた。

     県警は「だまされたふり作戦で送金を依頼することはないので、注意してほしい」と呼びかけている。(佐野楓)

    2019/12/5 10:26
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASMD442VCMD4UJHB004.html


    【【悲惨】3250万円だまし取られる「だまされたふり作戦」に協力した85歳のおばあちゃん❗️】の続きを読む


    山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員、日本学士院会員。学位は大阪市立大学博士(医学)。その他称号としては京都市名誉市民、東大阪市名誉市民、奈良
    50キロバイト (6,503 語) - 2019年10月9日 (水) 16:38



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている!

    1 1号 ★ :2019/12/01(日) 20:48:46.76

     人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。

     国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。

     山中教授は、体のさまざまな組織に変わるiPS細胞を開発し、12年のノーベル医学生理学賞を受賞。政府は再生医療の産業化を目指し、22年度までの10年間で1100億円以上を研究開発に投じると決めた。文部科学省は山中教授が所長を務める京大のiPS細胞研究所に年27億円を支出し、うち10億円程度が備蓄事業に充てられてきた。

     再生医療では、病気やけがで失われた細胞をiPS細胞などから作って移植する。患者自身のiPS細胞を作ると巨額の費用と時間がかかるため、同研究所は拒絶反応が起きにくい特殊な免疫の型を持った人からiPS細胞を作って備蓄し、大学や企業に提供している。

     関係者によると、方針転換が示されたのは今年の夏ごろ。内閣官房の官僚が予算打ち切りの可能性を山中教授に伝えたという。

     山中教授は突然の決定に反発し、国会議員に支援を訴えた。自民党調査会は11月、予算の段階的な削減にとどめる方針を決議。公明党も20年度は維持し、21年度以降は再検討する考えを示した。

     再生医療をめぐっては、技術革新が進んだことで、iPS細胞の備蓄は意義が薄れていると指摘する関係者もいる。

     山中教授は公的な備蓄事業の必要性を訴え、「人生を医療応用に懸けている」と強調。国の支援について、「オープンで科学的な議論をして決めてほしい」と話している。 

    12/1(日) 20:34配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000046-jij-soci


    【【必見】内閣官房担当者、山中教授に支援打ち切り伝達 iPS備蓄❗️】の続きを読む


    当初は、2009年9月17日以降の口座開設者に割り当てられる予定としていたが、実際には同年12月3日以降の開設者に割り当てが開始された。 ^ その口座維持手数料が有料となる顧客のうち、当月にて残高不足により引き落としができなかった場合には、先述のゆうちょ銀行以外のATMでのATM出金手数料
    20キロバイト (2,847 語) - 2019年11月15日 (金) 11:58



    (出典 manetatsu.com)


    銀行に限らず、納得できない手数料色々ありますね

    1 ばーど ★ :2019/12/01(日) 14:13:00.17

    エアトリは11月29日、「手数料」に関する調査結果を発表した。調査は11月にネット上で実施され、20~70代男女1079人から回答を得た。

    「口座維持手数料についてどう思うか」を聞いたところ、「納得できない」(73.8%)が7割以上を占めた。一方、「納得できる」(8%)とした人は1割未満。海外では当たり前となっている手数料の一種だが、増税による家計のひっ迫や、銀行では他のあらゆるサービスに手数料がかかることから否定的な見方をする人が多いようだ。

    ■「維持しないといけない口座が限られる」

    「口座維持手数料を徴収される場合、保有している口座をどうするか」については「解約する」(23.5%)、「金額や条件によっては解約する」(67.8%)と合計9割以上の人が解約の可能性を示した。主な声としては

    「預けられた金融資産を運用して利益を得ているはずの銀行が、利息という形で顧客に還元しなくなって久しいが、それに飽き足らず預けるなら手数料を貰いますとは本末転倒、図々しいにもほどがあると思う」(50代・女性)

    といった厳しい意見のほか、「維持費を払ってまで維持しないといけない口座は限られる」(40代・男性)と冷静に考える人もいた。

    手数料取っても良いのは「荷物の再配達」「救急車の出動」
    銀行に限らず、納得できない手数料が「ある」(88.3%)と答えた人は9割に迫った。手数料の種類別にみると、最多は「ATMの手数料」(73.9%)。次いで、「携帯・スマホの契約事務手数料」(58.7%)、「銀行窓口における手数料」(55.9%)、「チケットの発券手数料」(51.1%)と続いた。利用者からは

    「ATMは客が機械操作をして人件費削減に協力している行為です、無料で当然。」(60代・男性)
    「時間帯により異なること・金額により異なることが納得できない。」(30代・女性)
    「手数料という言葉に「やってあげている」という、上から目線の態度が見える。」(70代・男性)

    といった理由が挙がっている。

    一方、手数料を取ってもよいと思うサービスを聞いたところ、「荷物の再配達」「救急車の出動」「飲食店・ホテルなどの予約/キャンセル」「コンビニ・飲食店などの深夜営業」「相談」などの回答が寄せられた。

    2019.11.29 キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=83331


    【【必見】7割以上が「納得できない」口座維持手数料の導入❗️】の続きを読む

    このページのトップヘ