エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > お笑い


    箕輪 はるか(みのわ はるか、1980年1月1日 - )は日本の女性お笑い芸人。お笑いコンビハリセンボンのボケ担当。相方は近藤春菜。 東京都府中市出身[要出典]。吉本興業所属。 武蔵野市立第四中学校、東京都立保谷高等学校、早稲田大学第二文学部思想宗教系専修卒業。 通称「はるか
    11キロバイト (1,297 語) - 2019年10月28日 (月) 09:25



    (出典 xn--u9ja083urs8bj2bm3oba.com)


    酔っていたからと言っても放送されたのではだ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/06(金) 06:42:27.92

    ハリセンボンの箕輪はるかが12日1日に放送されたバラエティ番組「博多華丸のもらい酒みなと2」(テレビ東京系)に出演。レギュラー出演者である博多華丸大吉の博多華丸からの言葉に涙してしまう場面が見られた。

    同番組は、華丸がゲストとご飯やお酒を酌み交わしながら語り合うトーク番組で、この日は箕輪と近藤春菜がコンビで登場。

    箕輪は1人ノンアルコールで番組に参加していたが、お酒を飲んでいる華丸はだんだんと酔いが進み、箕輪への風当たりが強くなっていく様子が顕著に出ていた。

    ハリセンボンは売れていると絶賛しながらも、箕輪に対しては「問題ははるかやな」「別に満足してそうだしな。もうないやろ野心も」と指摘。箕輪は華丸の迫力に押され、「そうですね」と答えるのが精いっぱいな様子だったが、華丸はお構いなしに「十分じゃないよ。生きるんだからなんかしないと。しなさすぎなんよ、生きてるくせに」「なんかやりなさいよ。なんか1個」と辛辣な言葉を浴びせたのだ。

    「すると、箕輪が徐々に涙目になってきたため、その様子を察した近藤が箕輪の趣味の音楽の話に話題を変えたり、華丸に対して『結構酔いが回ってる』とフォローに徹したのですが、説教じみたアドバイスは続き、終いには『キラキラした目しやがって、いっちょ前に! 目は生きてる。コメントは*でるのに』ととどめの一撃を浴びせ、ついに箕輪は号泣してしまったんです」(テレビウオッチャー)

    ただ、華丸には自分が泣かせたという自覚がなかったようで「え、俺!? ウソだ! ウソでしょ?」と崩れ落ちていたのだが、このやりとりを見ていた視聴者からは「これは華丸さんが言いすぎでしょ」「何が『ウソだ』だよ。華丸うぜえ~」「しらふなのに酔っ払いの先輩からここまで言われたら泣くだろ」「はるかが何も頑張ってないみたいな言い方はさすがにひどすぎ」など批判が殺到した。

    「トークの大部分は華丸と近藤がメインで、箕輪だけが置いてけぼりになってしまっている状態が続いていましたが、いざ、やっと箕輪に話を振ったと思えばほぼ説教ですから、箕輪が委縮してしまうのも無理はありませんよ。華丸は近藤が頑張っているから箕輪も何か1つ頑張れということを伝えたかったようですが、その姿はただの酔っ払いで、終始威圧的な態度でしたから、観ている側としては不快に感じるやりとりになっていました」(エンタメ誌ライター)

    箕輪は泣いてしまったことで華丸を複雑な心境にしてしまったことを謝罪していたが、間違いなく今回の収録でお酒が入った華丸に苦手意識を抱いたことだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/2105461/
    2019.12.06 05:59 アサ芸プラス


    【【必見】ハリセンボン箕輪を泣かせた博多華丸に非難轟々 立派なハラスメント⁉️】の続きを読む


    読解(どっかい)とは、読み解く(文章などを見て、その内容を理解すること)ことである。 読解とは、文章に触れ、そこに内包された情報を、読者と書き手とが共有する文章表現の規則や約束事であるコードと読者に既有の知識や情報および経験を手がかりとして解読し、それを理解し、解釈するまでの、読者の一連の行為を指す概念である。
    3キロバイト (393 語) - 2016年1月2日 (土) 12:05



    (出典 www.mori7.com)


    【必見かっこ「授業に大喜利」を「マジで」提案子どもの読解力向上に、松本人志⁉️

    1 牛丼 ★ :2019/12/04(水) 11:48:57.24

    ダウンタウンの松本人志が3日、ツイッターを更新し、子供たちの読解力が落ちているというニュースに触れ「学校の授業に大喜利を取り入れるのも良いかもよ」と提案した。

     3日には経済協力開発機構(OECD)が世界79の国と地域で行った15歳の生徒の学習到達度の結果が報じられ、日本の生徒は前回調査の3年前よりも読解力が低下したとの結果が出た。順位は8位から15位に下がったという。

     松本は「日本の子供達の読解力が世界的にみて劣っているらしい。。。」と切り出し、どうやらこのニュースを知った模様。そして「学校の授業に大喜利を取り入れるのも良いかもよ。マジで」と、授業に大喜利導入を“マジで”提案した。

     これにファンからは「頭の体操にもなりますね」「IPPON!」「賛成」「絶対楽しい」「いいかも」など賛成の声が多く挙がっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00000043-dal-ent


    【【必見】「授業に大喜利」を「マジで」提案子どもの読解力向上に、松本人志⁉️】の続きを読む


    ロンンブーツ1号2号(ロンンブーツいちごうにごう)は、田村淳と田村亮から成る吉本興業所属の日本のお笑いコンビである。略称は「ロンブー」、「ロンンブーツ」。お笑い第四世代。 田村 淳(たむら あつし) 主にボケ担当だが、MCやフリートークでは進行役を担当するなど、ツッコミのようになっている。ロンドンブーツ2号である。
    18キロバイト (2,188 語) - 2019年12月2日 (月) 09:42



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    今後の人生で再び芸能活動をしたいという本人の意思を受けて、2人で会社を作ることに

    1 ゴン太のん太猫 ★ :2019/12/02(月) 11:47:27.31

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000337-oric-ent

    ロンブー淳「田村亮と吉本興業を繋ぐための会社」

    お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が2日、自身のツイッターを更新。闇営業問題で現在活動自粛中の相方・田村亮(47)とともに「株式会社LONDONBOOTS」を設立したことを発表した。独立ではなく「田村亮と吉本興業をつなぐための会社」と説明している。

     ツイッターでは「株式会社LONDONBOOTS 代表取締役 田村淳」として、
    「この度、活動自粛中である田村亮と私、田村淳で株式会社LONDONBOOTSという会社を設立致しました。
    私が代表取締役として、会社の運営をしていきたいと考えております」と発表。

     その上で「今後どのような形で芸能活動を再開できるのか、現時点では全く何も決まっていませんし、復帰の話などは時期尚早だと思いますが、
    亮と何度も話し合いして、今後の人生で再び芸能活動をしたいという本人の意思を受けて、2人で会社を作ることになりました。
    いつの日か芸能活動の再開が許された時にはじめて動き出す会社です」と経緯を説明。

     そして、「吉本興業から独立するための会社ではなく、田村亮と吉本興業を繋ぐための会社です。
    亮には嘘をついた事を謝罪して、しっかりと反省して、次に進む姿を見せて欲しいと思いますし、私もそれを厳しく見守りつつ、支えていきたいと思います」と決意を示している。


    【【必見】ロンブー淳、亮と新会社設立「田村亮と吉本興業を繋ぐための会社」を発表 独立は否定⁉️】の続きを読む


    ナインティナイン(ないんてぃないん、英: NINETY-NINE)は、岡村隆史と矢部浩之からなる日本のお笑いコンビ、司会者。1990年結成。吉本興業(東京本社)所属。略称は「ナイナイ」「99」「NN」。お笑い第四世代の代表格に数えられる。 岡村隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日
    47キロバイト (6,489 語) - 2019年11月17日 (日) 14:09



    (出典 i.ytimg.com)


    岡村がタレントとして1人勝ちとなり、一方の矢部は消滅状態に陥っていきそうで

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 21:11:10.21

    昨年3月の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)終了以降、コンビそろってのレギュラー番組が『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のみとなっている『ナインティナイン』。さらに、メディアで活躍するのは岡村隆史ばかりと、矢部浩之の芸能活動が危機的状況に陥っている。

    現在、「ぐるナイ」が唯一のコンビレギュラー番組となっている2人だが、同番組は看板コーナーである「グルメチキンレース ゴチになります!」の放送がほとんど。しかし、同コーナーを〝クビ〟になった矢部は、VTR出演やかぶり物で飲食店に数分登場することしかなく、コンビそろって出演するような場面はほとんど見られていない。

    個々の活動でいうと、岡村はローカル局を含めて4つのMC番組を持ち、矢部も『やべっちFC』(テレビ朝日系)、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)などでMCを担当。また、最近の岡村は俳優業に力を注いでおり、11月22日には堤真一とのダブル主演映画『決算!忠臣蔵』が公開、来年からは大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)にも出演するなど、既に2人には互いにピン芸人のような状態になっている。

    個人活動の増加で無能さが露呈した矢部
    『ウッチャンナンチャン』や『とんねるず』のように、大御所になったお笑いコンビが個々の活動に走るのはよくあること。しかし「ナイナイ」はこのままの場合、岡村がタレントとして1人勝ちとなり、一方の矢部は消滅状態に陥っていきそうだという…。

    「『めちゃイケ』終了により『ナイナイ』が事実上コンビでの仕事を失ったのは事実。個々の活動に移行するのも必然的な流れですが、ピンでの活動となると、当然ながら地力の差がハッキリと現れます。岡村は『おかべろ』や『チコちゃんに叱られる!』などの人気番組MCを務める他、映画主演や大河出演も果たし、マルチな才能を発揮中。一方の矢部は趣味のサッカーを生かした『やべっちFC』がマッチしているくらいで、『アウト×デラックス』はMCとしての無能さが露呈するあまり、後輩の山里亮太にその座を奪われてしまっています。思えば5年前、コンビでやっていたラジオ『オールナイトニッポン』も岡村ピンの番組に変わりましたし、もはや矢部が〝業界需要ナシ〟であることは明白になってきているでしょう」(お笑いライター)

    岡村のおかげでカバーできていたものの、ピンでの活動によりその〝力不足〟が露呈してしまった矢部。もともと、岡村の影に隠れて〝じゃない方芸人〟のような扱いを受けていたことを考えれば、こうなるのは時間の問題だったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2096916/
    2019.11.29 17:30 まいじつ


    【【ピンチ】ピン仕事で岡村との格差クッキリ!『ナイナイ』矢部がテレビ消滅危機⁉️】の続きを読む


    岩井 勇気(いわい ゆうき1986年7月31日 - )は、日本のお笑いタレント、MC、ボーカル、俳優であり、お笑いコンビ・ハライチのボケ・ネタ作り担当である。相方は澤部佑。所属事務所はワタナベエンターテインメント。埼玉県上尾市出身。血液型A型。身長171cm、体重58kg。 埼玉県立伊奈学園総合高等学校卒業。
    15キロバイト (1,947 語) - 2019年11月16日 (土) 00:13



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    行く行かないは、個人の考え次第ではないですか

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/28(木) 20:11:59.78

     2006年にデビューし、「ノリボケ漫才」と呼ばれる独自のスタイルで一躍人気者になったお笑いコンビのハライチ。ボケでネタ作りを担当する岩井勇気氏、ツッコミ担当の澤部佑氏ともに多才で、ソロ活動の多いコンビとしても知られるが、とりわけ岩井氏は、バラエティー番組で他の芸人がわざとらしく騒ぐさまを“お笑い風”と評するなどの言説で、お笑い界の中でも独自のポジションを確立。最近は、著書『僕の人生には事件が起きない』(新潮社)を上梓し、増刷を重ねるなど活躍の幅をますます広げている。

     そんな岩井氏、一般的な芸能人のイメージに反して、大勢の人が集まるパーティーや飲み会はかなり苦手とのこと。中でも、なるべく行かないようにしているのが同窓会だという。なぜ岩井氏は同窓会に行かないのか。お笑い界きっての「若き異才」が語る人間関係論は、無意味な飲み会や会合に辟易している全国の会社人にとっても大いに参考になる。

    (聞き手は鈴木信行)

    ―まずは岩井さんと同窓会の関わりからお聞きしたいんですが、同窓会への参加に消極的になったのはいつ頃からですか。

    岩井:高校時代には中学の同窓会が始まり、20歳を過ぎると高校時代の同窓会が開かれるようになりましたが、最初の頃は参加していました。ただ、同窓会が開催される頻度が高いんですよね。半年~1年に1回はありました。

    ―そんなに。ご出身の埼玉県上尾市の土地柄なんでしょうかね。

    岩井:それだけ頻度が高いと、毎回同じことの繰り返しになる。近況報告と過去の思い出話……と、出てくる話題も毎回同じなわけですよ。近況報告といっても半年前にやってるわけですからアップデートされる情報なんてほとんどない。さすがに「もういいでしょ」ってなってくる。それに、同窓会というのは「みんなが集まる場所」ですから、学生時代に仲がよくなかった人も当然、来る。

     で、よく考えたら、学生時代に仲がよかったやつとは別に同窓会なんかなくても普段からそれなりに会ってるわけだから、「同窓会=仲がよくなかったやつにわざわざ会いに行く場所」ということになる。そんなの10年に1回でいいのでは。毎年、会いたくない人に無理に会いに行く必要なんかない、という話になりません?

    ―なるほど(笑)。さすが。

    ●「毎回同じところで笑う人々」に恐怖

    岩井:じゃなんで、同窓会にわざわざ行く人がいるのか。学生時代のお調子者の男子が毎回同じようにはしゃぎ、それを見た女子が「またあいつ、*やって!」と笑う。しかも毎回、同じところで笑う。僕はむしろ怖い。それの何が楽しいのか、と。

    ―(笑)。

    岩井:たぶん若い時期から同窓会に頻繁に参加する人は、まず、「学生時代の楽しさのピークを更新できていない人たち」なんだと思います。学生の頃の思い出にずっと縛られているんじゃないかな。「今が本当に楽しい人」は、同窓会に頻繁に顔を出し、何度も何度も同じ思い出話なんてする必要もないし暇もないでしょう。

    ―ハライチは2009年にM-1グランプリの決勝に進出されてブレークしていくわけですが、その前後で同窓会への距離感は変わりましたか。

    岩井:普通は、芸人としてテレビに出始めたわけですから、むしろ同窓会に行きたいと思うようになるのかもしれません。が、僕の場合はますます行きたくなくなりました。

    ―同窓会がマンネリ化しているから、「たまには岩井も参加して盛り上げてくれよ」みたいな誘いもない?

    岩井:今はほとんどないですね。ただ一方で、考えてみると、卒業後間もなく開かれた若い時の同窓会と、ある一定の年齢、例えば30歳を超えて開かれた最近の同窓会では、自分が「行きたくないな」と思う理由も変わってきたように思います。

    >>2以降に続きます

    11/28(木) 6:00配信 日経ビジネス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-60292542-business-life&p=1


    【【必見】「今時、同窓会に参加する人」の正体ハライチ岩井が語る⁉️】の続きを読む

    このページのトップヘ