エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ: 動物


    ペットは広い意味での飼い手の人生の質の向上に貢献している。ただし、ペットを飼うことに伴う様々な責任や困難を理解せずに飼ってしまうと、近隣や周囲の人々に迷惑を及ぼし、またペットそのものに害を及ぼすこともある。 ペットを飼うには様々な方法があり、ペットショップ
    45キロバイト (6,410 語) - 2019年12月26日 (木) 15:17



    (出典 kowapets.co.jp)


    ある日の営業終了直前の時間帯に、高橋さんはペットショップを再訪。暑い夏の夜に、レオくんは高橋家の家族になったようです!

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/22(水) 17:27:57.91

    大阪市の高橋さんは、ペットショップが苦手。狭いゲージの中に入れられ、その命に値段を付けられた光景を見ていられないからだ。しかし、引越し先の近所には小さなスーパーしかなく、一緒に暮らす保護猫のフードが売っていなかった。やむなく入店したペットショップで、高橋さんは少し大きくなったアメリカンショートヘアーと目があった。「値下げ!79800円」というシールの影で座っている子猫。生後2~3ヶ月の子猫たちの並びの中で、その子は随分大きく見えた。1ヶ月後、その子のガラスケースには「さらに値下げ!59800円」のシールが。その後もシールは上から重ねて貼られ続け、3カ月後には「最終値下げ!39800円」と書かれた真っ赤なシールが貼られていた。小さなガラスケースにベタベタと貼られたシールのせいで、その子の姿はほとんど見えない。高橋さんは「最終値下げのその先はどうなるの?」と、後ろ髪を引かれる思いで店を出た。

    ■思い出すと胸が締め付けられて…

    帰宅してからもその光景が頭から離れず、家族に迎え入れるかどうか悩んだ高橋さん。「マンション暮らしで、金太郎と桜という保護猫2匹と暮らしていましたから、これ以上は…と相当悩みました。でも、あの光景を思い出すと胸が締め付けられて…」。

    その日の営業終了直前の時間帯に、高橋さんはペットショップを再訪。暑い夏の夜に、レオくんは高橋家の家族になった。

    広い場所が落ち着かないのか、レオくんは数日間、ベッドの下からまったく出てこなかった。少し慣れて、高橋さんの前でトイレができるようになってからも、頭を撫でようと手を差し出すと、怯えるように身体がビクッと震えた。ペットショップで人嫌いになったのかもしれないと思い、無理に触らず、そっと見守る日々を過ごした。

    ■レオの心を癒したのは先住猫

    そんなレオくんの心を癒したのは、先住猫の金太郎くんと桜ちゃん。実は金太郎くんも去勢手術以来の人嫌いで、ベッドの下を住処にしていた。性格も年齢も近い2匹はすぐに仲良くなり、「2匹なら怖くない!」とばかりにベッド下から出てくるように。やんちゃな先輩猫の桜ちゃんは、2匹の前でおもちゃの遊び方を披露して見せた。そして、その年の冬を迎える頃には、桜ちゃん、金太郎くん、レオくんが、兄弟のように寄り添ってベッドの上で眠るように。「怖がりになってしまった金太郎がわたしと同じベッドで寝られるようになったのは間違いなくレオのおかげ。そして、レオが新しい家に早く慣れられたのは金太郎と桜のおかげなんです」。

    その後、結婚を機に、ご主人の地元である愛媛県西条市に引っ越し、2階建ての新築住宅で暮らし始めた高橋さん。3匹はいまも元気で、毎日階段で追いかけっこをしているという。

    「狭いガラスケースに閉じ込められていたレオの姿を覚えているので、広い家で走り回っている姿を見ると、あのとき決断して良かったなって思います」

    3匹は完全室内飼いだが、レオくんは大きな掃き出し窓から外の田園風景を眺めるのが大好きだ。

    「外に興味があるようですが、迷子になってもいけないので出してはあげられません。でも、うちの窓ガラスには価格シールが貼られていませんから、外の風景もよく見えるはずですよ」

    1/22(水) 13:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000060-dal-life

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【衝撃発言】「最終値下げ」のその先は…締め付けられる思いで決断「家族に」ショップでどんどん値下げされていく猫❗️】の続きを読む


    ^ 日本テレビ『天才!志村どうぶつ園』レギュラー出演のため8時すぎから出演。 ^ 日本テレビ『世界一受けたい授業』ゲスト出演のため9時台後半からのドラマ部門から出演。 ^ 日本テレビ『天才!志村どうぶつ園』レギュラー出演のため8時過ぎから出演。 ^ 現在は単発特番として継続。 ^
    14キロバイト (1,603 語) - 2019年5月12日 (日) 12:33



    (出典 static.blogos.com)


    由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです!

    1 ガーディス ★ :2019/12/07(土) 21:22:02.30

     志村けん(69)が園長を、嵐・相葉雅紀(36)が飼育係を務める「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)に出演中の白井家で、“馬の違法解体”が行われていたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

    「白井家」は、子どもたちから“神”と呼ばれる母親の白井由紀子氏が中心となり、家族5人が浜松市にある自宅で約40匹の動物の飼育に悪戦苦闘する様子が人気を博している、「天才!志村どうぶつ園」の準レギュラーコーナーだ。なかでも長男・鴻明氏、次男・迅氏は「イケメン大学生兄弟」としてファンも多い。

    白井家に新たに浮かび上がった“愛馬の違法解体”疑惑
     しかし今までにも白井家が多くの問題を抱えていることが明らかになっている。「不適切飼育」や「近隣トラブル」、「疑惑の蹄鉄販売」など、その飼育姿勢には疑問を禁じ得ない。

     そこで今回持ち上がったのが“愛馬の違法解体”だ。白井家をよく知るAさんが、ショックを隠せない様子で語る。

    「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に異臭が漂っていたそうです。そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ死体。由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられたそうです」

     その死体は白井家で長年飼育されていたオス馬のフルハートだという。

    「元々競走馬だったのですが、引退して殺処分寸前だったところを10年前に白井家に引き取られました。フルハートは30歳で、人間で言うと100歳以上の高齢馬でした。白井家の動物の中でも古株で、白井家を象徴するような存在です。人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。白井家のみなさんも『志村どうぶつ園』で『家族のようだ』とたびたび語り、可愛がっているようにみえました」(同前)

     しかしフルハートは転倒して負った複雑骨折が原因で、1月17日に死亡。フルハートが天国へ旅立つ様子は、2019年2月16日の「天才!志村どうぶつ園」でも放映された。自分たちの成長を家族のように見守ってくれたフルハートの死を、長男の鴻明氏や次男の迅氏がカメラに向かって涙ながらに語っている。

     由紀子氏自身も「フル君には相当お世話になった。いろんなことがあったときに悩みを聞いてもらってフルの前で泣いたこともある。母子家庭だったし、色々決めるのにフルに相談したよね」と、まるで自身のパートナーを亡くしたかのようにその死を悼んでいた。

     だが、その愛馬の弔い方に、同家の運営に関わるボランティアから疑問の声が挙がっているという。白井家には、動物の飼育や壊れた設備の修繕などを手伝うボランティアが複数人いる。彼らは既報の通り、交通費なども支払われず、無償で白井家に尽くしているのだ。

     別の白井家の知人Bさんによると、フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。

    フルハートの傍らで佇む、ナタを手にした年配の男性
    「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。そこで彼らは衝撃の現場を目の当たりにしました」

     ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。

    「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」(同前)

     ボンティアらは、その現実離れした光景に言葉を失ったという。フルハートの生前の姿を知る彼らにとっては耐え難い状況だった。

    「胴体からは、まだ血が滴っていたそうです。ボランティアの人々は『まさかそんな状態だとは思ってもみなかった。顔も足もないフルハートを直視できなかった』と憔悴した様子で話していました」(同前)

     立ち尽くすボランティアに、男性は「馬の脚にロープをくくりつけて馬房から引っ張り出して、1人で解体したんだ」と語ったという。荷台には切り離された頭や四肢、尻尾がすでに積み込まれていた。男性はフルハートの胴体をトラックの荷台に積み込むように指示したという。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17493363/
    白井家の皆さん

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【必見】愛馬を庭でバラバラに解体か、志村どうぶつ園出演の「白井家」⁉️】の続きを読む


    イヌ (小型からのリダイレクト)
    五十音順に並べる。 赤が狐追う 一影に吠ゆれば万声に吠ゆ 一虚に吠ゆれば万実を伝う 一犬吠形百犬吠聲 - 王符『潜夫論』賢難 一代に狸一匹 が西向きゃ尾は東 が星見る 腹(いぬっぱら) に肴の番 になっても大家の になるなら大所のになれ にも食わせず棚にも置かず に論語/に念仏猫に経
    85キロバイト (12,781 語) - 2019年11月14日 (木) 05:16



    (出典 i.ytimg.com)


    本当に人の眉そのものですね!

    1 みつを ★ :2019/11/19(火) 07:26:12.29

    【ロシア】立派な“眉毛”を持つ迷い犬 保護スタッフ「誰こんなひどいイタズラしたの!あれ消えない…模様!?」


    https://news.livedoor.com/article/detail/17394958/


    【海外発!Breaking News】立派な“眉毛”を持つ迷い犬、すぐに新しい家族が見つかる(露)<動画あり>

    2019年11月17日 21時0分 写真:Techinsight


    飼い主の中には、愛犬の被毛をカラフルに染めたりパンダのような模様にしてしまう人もいる。このほどロシアで保護された迷い犬は、タレントのイモトアヤコさんも驚いてしまいそうなほど立派な眉毛を持っていた。しかしいたずら書きだと思われた眉毛は“本物”だったことが判明し、大きな話題になっている。『LADbible』『Mirror』などが伝えた。

    【この記事の動画を見る】

    ロシア連邦のイルクーツク州ブラーツクで気温がマイナス12度ほどの寒い日に、通りをさまよっていた雌の迷い犬が地元の人によって動物保護施設「the Dobriye Ruki animal shelter」に連れて来られて保護された。犬は目の上に人間の眉毛のような模様があったことから誰かにいたずら書きされたものと思い、保護団体のスタッフが綺麗に拭き取ろうとした。


    ところがこの見事なまでに左右対称で綺麗な弓形をした眉毛は、誰かの手によって書かれたり染められたりしたものではなく本物の模様だったのだ。この犬を診た獣医からも「この眉毛は人工的に描かれたものではありません」とお墨付きがあったという。

    これに同保護施設のオーナーであるオレシア・ノヴォポルシバさん(Olesya Novopoltseva)は驚いたそうで、「この施設で長いこと働いていますが、こんな眉毛のある犬は初めてです」と語っている。また獣医によるとこの犬は生後5か月ほどで、成長するにつれて眉毛の模様は薄くなっていく可能性があるが、消えることはないとのことだ。

    同保護施設では里親を募るためSNSに犬の写真を投稿したところ、保護してから5日後には新しい家族が見つかった。犬は新しい飼い主のオクサナ・メイムシナさん(Oksana Maymsina)によって“ベティ”と名付けられた。オクサナさんはベティについて「SNSでベティを見たとき(捨てられたことに対して)思わず涙がでてしまいました。それでうちの子になるべきだと思ったんです」と明かしている。

    その後、オクサナさんはInstagramにベティの写真を投稿した。すると人々の目にとまり、ロシアのテレビ番組でも紹介されるほど人気を集めているようだ。現在、オクサナさん宅で暮らすベティは17歳の先住猫とも仲良く遊び、幸せに暮らしているという。

    画像は『LADbible 2019年11月15日付「Dog With Human-Like Eyebrows Becomes Viral Hit」(Credit: CEN)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【驚き】保護スタッフ「誰こんなひどいイタズラしたの!あれ消えない…模様!?」立派な“眉毛”を持つ迷い犬❗️】の続きを読む


    オオカミ(狼、羅: lupus、英: wolf)は、ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ属に属する哺乳動物。広義には近縁種も含めることがあるが、通常はタイリクオオカミ(ハイイロオオカミ、Canis lupus)一種を指す。多数の亜種が認められている。同属の近縁種としてアメリカアカオオカミ
    32キロバイト (4,543 語) - 2019年9月27日 (金) 23:57



    (出典 www.city.sapporo.jp)


    オオカミを山に放つのは怖い気がします!

    1 ごまカンパチ ★ :2019/11/03(日) 01:16:13.38

    https://www.topics.or.jp/articles/-/277080
     シカやイノシシといった有害鳥獣の増加に歯止めをかけて生態系を守るため、オオカミを日本の山に放つ意義について考える
    「日米オオカミふぉーらむ2019」(日本オオカミ協会四国支部主催)が、阿南市橘町の橘公民館であり、住民ら約40人が参加した。

     米イエローストーン国立公園公認ガイドのスティーブ・ブラウン氏が、オオカミの再導入で生態系を取り戻した公園の取り組みを紹介。
    「オオカミを入れることでキツネや野鳥が増えた。観光客が増えるなど経済効果もある」とメリットを語った。

    前スレ(★1:2019/11/02(土) 07:52:20.70)
    【生態系】米でのオオカミ再導入で生態系を取り戻した事例紹介 阿南でフォーラム オオカミを日本の山に放つ意義について考える
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572648740/


    【【必見】オオカミを日本の山に放つ意義について考える、米でのオオカミ再導入で生態系を取り戻した事例紹介 阿南でフォーラム ❗️】の続きを読む

    このページのトップヘ