エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:芸能 > 歌手


    相川 七瀬(あいかわ ななせ、1975年〈昭和50年〉2月16日 - )は、日本の女性歌手。大阪府大阪市東淀川区上新庄出身。ファウンテン所属。マネジメントは株式会社J-BRAVEと業務提携。所属レコード会社はエイベックスで、所属レーベルはavex traxのmotorod。音楽活動以外にも詩人、絵…
    53キロバイト (4,815 語) - 2024年3月31日 (日) 14:25
    相川七瀬(49)が20日、国学院大を卒業したようです!

    1 冬月記者 ★ :2024/03/21(木) 10:13:23.69 ID:4pPjiWMW9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a1fd5332a42663cd5a9eb98ca712eb40772d984f


    (出典 i.imgur.com)


    相川七瀬 成績優秀者で国学院大卒業「4年間やりきった証」


     歌手の相川七瀬(49)が20日、国学院大を卒業した。

     桜をあしらった春らしいはかまで卒業式に出席し第132期卒業生総代の数人の中に選出され、さらに成績優秀者として表彰。「4年間やりきった証。素直にうれしい」と喜びを語った。

     20年に神道文化学部に入学。歌手、3人の母、大学生の“三刀流”をこなしつつ、駅伝部の壮行会で書き下ろしの応援曲を歌うなど大学生活を楽しんだ。「長男と同い年の同級生たちと過ごし、毎年期末とツアーが重なって睡眠が取れないなど厳しいことも。それでも、私の人生においてかけがえのない経験」と振り返った。

     4月には大学院に進学し、8月から6大都市ツアーを敢行。来年デビュー30周年イヤーを迎える前にギアを上げる。「思い切り熱いROCKを届けたい!」と力を込めた。

    【【衝撃発言】まじでぇ❕相川七瀬 成績優秀者で国学院大卒業「4年間やりきった証」 wwwwwwwwwwwwwwwwww❕】の続きを読む


    アイナエンド(1994年12月27日 - )は、日本の歌手、ダンサー、シンガーソングライター、女優。6人組ガールズグループ・BiSHの元メンバー。 大阪府出身。WACK所属。レーベルはavex trax。 大阪の万博記念公園の近くで生まれ育つ。 履正社高校卒業後、ダンス仲間だった友人から「ア…
    55キロバイト (4,641 語) - 2024年3月29日 (金) 12:36
    アイナは「みんなでいただいた賞だと思います。『キリエのうた』を愛してくださってありがとうございます」と感謝したようです!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2024/03/09(土) 00:31:51.83 ID:SPOWCk629
    2024年3月8日 22:55

    映画ナタリー編集部

    第47回日本アカデミー賞の話題賞作品部門を、映画「キリエのうた」が受賞した。同作は岩井俊二が監督を務め、アイナ・ジ・エンド、松村北斗(SixTONES)、黒木華、広瀬すずが共演した。

    1980年の第3回日本アカデミー賞から創設された話題賞は、一般投票が可能な唯一の部門。俳優部門には山田裕貴が選出された。
    本日3月8日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行われた授賞式には、主演のアイナ、プロデューサーの紀伊宗之が出席。プレゼンターは、前年に話題賞の俳優部門を受賞した松村が担った。

    紀伊は「プロデューサーなので、話題賞は一番うれしく思います。アイナ、よかったね!」とアイナに目配せ。同作で、
    歌うことでしか“声”を出せない住所不定の路上ミュージシャン・キリエを演じたアイナは「みんなでいただいた賞だと思います。『キリエのうた』を愛してくださってありがとうございます」と感謝した。

    なおニッポン放送では、受賞者のスペシャルインタビューも交えて授賞式の模様を届ける「オールナイトニッポン0(ZERO)
    ~第47回日本アカデミー賞スペシャル~」が、3月8日27時からオンエア予定だ。映画ナタリーでは、授賞式の模様を引き続きレポートする。

    https://natalie.mu/eiga/news/564073

    【【衝撃発言】まじでぇ❕話題賞は「キリエのうた」、アイナ・ジ・エンド「愛してくれてありがとう」 wwwwwwwwwwwwwwwwww❕】の続きを読む


    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県生まれ。本名︰大城 ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本の個人マネジメント事務所は合同会社VENUS、ファンクラ…
    78キロバイト (6,752 語) - 2023年8月16日 (水) 05:44
    所属タレントをイメージキャラクターとして起用している各企業が「広告契約の見直し」に踏み切ったことに言及したようです!

    1 ガンシクロビル(長野県) [US] :2023/09/10(日) 15:47:54.69 ID:fC0Euh+N0● BE:323057825-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/premium/3755621.gif
    歌手のGACKT(50)が10日までに自身のX(旧ツイッター)を更新。ジャニーズ事務所の故ジャニー喜多川元社長の性加害問題を巡り、
    所属タレントをイメージキャラクターとして起用している各企業が「広告契約の見直し」に踏み切ったことに言及した。

     「いやいや、ちょっと待て 各大手企業がこぞってジャニーズ事務所とのCMを打ち切るとか、検討するとかやってるが、
    そんな問題や噂は昔からどこの企業もスポンサーも広告代理店も耳にしていたはず、むしろ知ってたはず」とコメント。

     「アーティスト個人が何かやらかしてCMを打ち切るのはまだわわかる。
    今回それぞれのアーティストは関係ない、というよりむしろ被害者。
    その彼らとのCMを打ち切るのはそもそもおかしいし不気味でしかない。
    それこそ、その企業のイメージダウンに繋がるんじゃないのか?」と私見を述べた。

     「今までそのアーティストやタレントを顔にして散々やってきたのに、ただの【乗っかりコンプライアンス】で起用をやめるとか。コンプライアンスという言葉を使ってるが、結局、乗っかってるだけで何も考えてない。
    今回のことで露見したのは、それらの企業が彼らを応援するファンの気持ちを全く理解してないということ」ともつづると、
    「多くのファンにとって、そんな【乗っかりコンプライアンス】企業に対しては不愉快でしかないだろう 
    【ファン】の愛情を軽視しすぎ そんな企業はあとで必ず大きくそのツケが回ってくる」と明言した。

     「今回の対応は気持ち悪いの一言に尽きる この日本の乗っかり風潮がマジで不気味すぎる、まったく」と記した。

    GACKT ジャニーズ問題で各企業が広告見直しに「乗っかってるだけ」「【ファン】の愛情を軽視しすぎ」
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/24960515/

    【【衝撃発言】まじでぇ❕GACKTさん「ジャニーズの起用を辞めた企業はファンを軽視してる」と猛批判 アサヒ・キリン「…」wwwwwwwwwwwwwwwwww❕】の続きを読む


    布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年〈昭和37年〉2月1日 - )は、日本のロックミュージシャン、ギタリスト。元BOØWY、COMPLEXのメンバー。現妻は歌手の今井美樹。元妻は歌手の山下久美子。 群馬県高崎市江木町出身。ロンドン在住。BOØWY時代のビーイング、Ø-con' nection、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2…
    170キロバイト (20,071 語) - 2023年9月5日 (火) 04:05
    ディープ・パープル(Deep Purple)のカヴァーである「Highway Star」のミュージックビデオを公開したようです!

    1 湛然 ★ :2023/09/07(木) 06:29:50.83 ID:yPTtJ9Ta9
    布袋寅泰 ディープ・パープル「Highway Star」のカヴァーのミュージックビデオ公開
    2023/09/06 18:18掲載 amass
    https://amass.jp/169442/

    ●布袋寅泰 / HOTEI 「Highway Star」【OFFICIAL MUSIC VIDEO】


    (出典 Youtube)




    布袋寅泰はディープ・パープル(Deep Purple)のカヴァーである「Highway Star」のミュージックビデオを公開。このカヴァーにはジグ・ジグ・スパトニック(Sigue Sigue Sputnik)のニールXがギターとバッキング・ヴォーカルで、BOOM BOOM SATELLITES/THE SPELLBOUNDの中野雅之がプログラミングで参加しています。

    布袋は、「今作『GUITARHYTHM Ⅶ』はGUITARHYTHMそのものへのオマージュであり、“Highway Star”でニールXをキャスティングし、BOOM BOOM SATELLITES(バンド名はジグ・ジグ・スパトニックの曲名)の中野氏に制作依頼したのは35年前にタイムスリップする意図から」とコメントしています。

    監督を手掛けたのは東市篤憲。

    このカヴァーは人気シリーズ「GUITARHYTHM」の第7弾アルバム『GUITARHYTHM Ⅶ』(9月13日発売)に収録されます

    ■NEW ALBUM『GUITARHYTHM Ⅶ』
    2023年9月13日リリース

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【衝撃発言】まじでぇ❕布袋寅泰 ディープ・パープル「Highway Star」のカヴァーのミュージックビデオ公開 wwwwwwwwwwwwwwwww❕】の続きを読む


    布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年〈昭和37年〉2月1日 - )は、日本のロックミュージシャン、ギタリスト。元BOØWY、COMPLEXのメンバー。現妻は歌手の今井美樹。元妻は歌手の山下久美子。 群馬県高崎市江木町出身。ロンドン在住。BOØWY時代のビーイング、Ø-con' nection、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2…
    170キロバイト (20,071 語) - 2023年9月5日 (火) 04:05
    BOOWY時代に一番バチバチだったバンドを明かしたようです!

    1 フォーエバー ★ :2023/09/04(月) 21:57:17.54 ID:BymBM8GL9
    9/4(月) 21:50配信

    スポニチアネックス

     元「BOOWY」のメンバーで世界的ギタリストの布袋寅泰(61)が4日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」(月曜後9・00)に出演。BOOWY時代に一番バチバチだったバンドを明かした。

     自身の幼少期について「1人の時間が好きだった」とするなど、BOOWY時代の印象とは逆に物静かな子供だったとした布袋。そのため、ヤンキーのお客さんなどが近寄ってくるのが「怖かった」と本心をポツリ。だが、弱気なところを見せないために目を逸らさず対峙していたが、内心は「ビクビクしながら」だったと明かした。

     BOOWY時代に「どのバンドと一番バチバチだった?」と聞かれると「その後に、どんどん仲良くなっていきますけど、『The Street Sliders』。HARRYさん(村越弘明)は絶対しゃべらない。誰と目を合わせても絶対しゃべらない。新幹線に乗ってても絶対目を合わせないとか」と振り返った。

     それでも「話せば音楽好きないいやつばっかだから。見た目がみんな怖いだけで。ライブハウス時代はお酒を飲んで、わいわいロックな話をしながら、ちょっとケンカみたいになっては最後は涙流しながら抱き合ってるみたいな。青春ですね」と懐かしんだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/132de321a559a6a68ae7d298f5fd295f968c1163

    【【衝撃発言】まじでぇ❕布袋寅泰 BOOWY時代に一番バチバチだったバンド「その後に、どんどん仲良くなっていきますけど…」 wwwwwwwwwwwwwwwwww❕】の続きを読む

    このページのトップヘ