エンタメ最新チャンネル

各種スポーツ・芸能など幅広いジャンルの
ニュースをいち早くお伝えします。
色々なカテゴリーが有るので、お気に入りの
おもしろい記事を探してください。
おもしろいと思ったらフォローお願いします。

    カテゴリ:スポーツ > 競馬


    ジュールポレール(ヴクトリアマイル) 2014年産 サトノアレス (朝日杯フュチュリテステークス) アルアイン (皐月賞、大阪杯、毎日杯) アンジュデジール (JBCレディスクラシック、エンプレス杯、スパーキングレディーカップ、マリーンカップ) フアースインパクト/Fierce Impact(トゥラックハンデキャップ、カンタラステークス、
    197キロバイト (25,599 語) - 2019年11月30日 (土) 07:24



    (出典 www.asahicom.jp)


    【競馬】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」!

    1 牛丼 ★ :2019/12/05(木) 07:33:04.72

    ディープインパクトの衝撃の死から4カ月。日本を代表するGI、ジャパンカップは文字通り、メモリアルとなるはずだった。しかし、出走した“子どもたち”は、一敗地に塗れた。種付け料4千万円なのに勝てなかったのは、逆に血統ならではの理由があるという。

     日本競馬界を代表する駿馬は小さな体でありながら、数々の伝説を残した。

     2006年に引退後は種牡馬としても活躍。当初、1200万円だった種付け料は、晩年になると、4千万円にまで高騰した。そして、年間200頭以上に種付けして誕生した子どもたちがいま、競馬場を席巻しているのだ。

     担当記者に言わせると、

    「ディープインパクト産駒(子)の出走頭数はこの10年で1300頭以上。累計の獲得賞金では530億円を超えます。昨年の賞金総額も約70億円に上り、2位のキングカメハメハ産駒の倍近くと圧倒しています。競馬の本場であるフランスやイギリスからも、“ディープの子でいいから種牡馬としてほしい”というリクエストもあるのです」

     現役を退いても“アッチ”の方は絶好調だったが、関係者に衝撃が走ったのは、今年7月のことだった。突如、首を痛がる仕草を見せ、頚椎の骨折が判明。安楽*措置が取られたのだ。

     ゆえに、11月24日のジャパンカップは、名馬を称え、「ディープインパクトメモリアル」として開催され、産駒が4頭、出走した。

    「2世対決」

     ところが、血筋を引く子どもたちの結果は2着にカレンブーケドール、3着にワグネリアンが入ったものの、母親の次男という意味で名づけられたジナンボーが13着。優勝を逃す結果となってしまったのだ。

    「今年のジャパンカップは国際GIにもかかわらず、高速化する東京競馬場の馬場を嫌って、外国の馬が参戦しない異例のレースとなりました。さらにディープ産駒も優勝できなかったとあって、寂しい大会になった印象です」(同)

     競馬ジャーナリストの片山良三氏は、瞬発力が奪われる重馬場を苦手としていたディープの特徴が勝負を分けたと解説する。

    「ディープインパクトは武豊が“飛ぶように走る”と言ったように、最高速が速いため、良馬場に向いた馬でした。子どもは親の特徴を引き継いでいます。このジャパンカップは雨の影響で水分を含み馬場が荒れ、真価を発揮することができなかったのでしょう」

     ディープの子を抑えた優勝馬の父は、ハーツクライ。05年の有馬記念でディープを破り、唯一の黒星をつけたことで知られる。つまり「2世対決」だったわけだ。

     先の記者が再び、

    「ハーツクライは重い馬場を得意としていました。奇しくも今回、その子も同様に悪い状態のレースを制したのです」

     歴史は繰り返す。強みも弱点も血統として受け継がれているのだ。

    「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00596035-shincho-horse


    【【悲惨】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」⁉️】の続きを読む


    ジュールポレール(ヴクトリアマイル) 2014年産 サトノアレス (朝日杯フュチュリテステークス) アルアイン (皐月賞、大阪杯、毎日杯) アンジュデジール (JBCレディスクラシック、エンプレス杯、スパーキングレディーカップ、マリーンカップ) フアースインパクト/Fierce Impact(トゥラックハンデキャップ、カンタラステークス、
    197キロバイト (25,599 語) - 2019年11月30日 (土) 07:24



    (出典 www.asahicom.jp)


    【競馬】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」!

    1 牛丼 ★ :2019/12/05(木) 07:33:04.72

    ディープインパクトの衝撃の死から4カ月。日本を代表するGI、ジャパンカップは文字通り、メモリアルとなるはずだった。しかし、出走した“子どもたち”は、一敗地に塗れた。種付け料4千万円なのに勝てなかったのは、逆に血統ならではの理由があるという。

     日本競馬界を代表する駿馬は小さな体でありながら、数々の伝説を残した。

     2006年に引退後は種牡馬としても活躍。当初、1200万円だった種付け料は、晩年になると、4千万円にまで高騰した。そして、年間200頭以上に種付けして誕生した子どもたちがいま、競馬場を席巻しているのだ。

     担当記者に言わせると、

    「ディープインパクト産駒(子)の出走頭数はこの10年で1300頭以上。累計の獲得賞金では530億円を超えます。昨年の賞金総額も約70億円に上り、2位のキングカメハメハ産駒の倍近くと圧倒しています。競馬の本場であるフランスやイギリスからも、“ディープの子でいいから種牡馬としてほしい”というリクエストもあるのです」

     現役を退いても“アッチ”の方は絶好調だったが、関係者に衝撃が走ったのは、今年7月のことだった。突如、首を痛がる仕草を見せ、頚椎の骨折が判明。安楽*措置が取られたのだ。

     ゆえに、11月24日のジャパンカップは、名馬を称え、「ディープインパクトメモリアル」として開催され、産駒が4頭、出走した。

    「2世対決」

     ところが、血筋を引く子どもたちの結果は2着にカレンブーケドール、3着にワグネリアンが入ったものの、母親の次男という意味で名づけられたジナンボーが13着。優勝を逃す結果となってしまったのだ。

    「今年のジャパンカップは国際GIにもかかわらず、高速化する東京競馬場の馬場を嫌って、外国の馬が参戦しない異例のレースとなりました。さらにディープ産駒も優勝できなかったとあって、寂しい大会になった印象です」(同)

     競馬ジャーナリストの片山良三氏は、瞬発力が奪われる重馬場を苦手としていたディープの特徴が勝負を分けたと解説する。

    「ディープインパクトは武豊が“飛ぶように走る”と言ったように、最高速が速いため、良馬場に向いた馬でした。子どもは親の特徴を引き継いでいます。このジャパンカップは雨の影響で水分を含み馬場が荒れ、真価を発揮することができなかったのでしょう」

     ディープの子を抑えた優勝馬の父は、ハーツクライ。05年の有馬記念でディープを破り、唯一の黒星をつけたことで知られる。つまり「2世対決」だったわけだ。

     先の記者が再び、

    「ハーツクライは重い馬場を得意としていました。奇しくも今回、その子も同様に悪い状態のレースを制したのです」

     歴史は繰り返す。強みも弱点も血統として受け継がれているのだ。

    「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191205-00596035-shincho-horse


    【【悲惨】「種付け4千万円」でも勝てない!ディープインパクトの「子どもたち」⁉️】の続きを読む


    ジャパンカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。英称の頭文字から、JCという略称も用いられることがある。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、東京馬主協会賞。 1981年に創設された国際招待競走で、日本初の国際GIでもある。また、国際競走であるため、JR
    41キロバイト (3,395 語) - 2019年11月23日 (土) 12:12



    (出典 jra-van.jp)


    恐れていた外国産馬0のジャパンC、来年からどうなるのでし

    1 あずささん ★ :2019/11/24(日) 07:40:51.24

    「がっかりですよ。『もうジャパンカップなんてやめちまえ!』ぐらいの気持ちです」

    落胆と怒りを隠さないのは、元JRA副理事長・北原義孝氏(84)。レース創設に尽力し、競馬界で「ミスター・ジャパンカップ」と呼ばれる人物である。
    「世界に通用する馬づくり」をスローガンに、日本初の国際レースとして「ジャパンカップ(以下JC)」が創設されたのが1981年。39回めとなる2019年、初めて「外国馬の参戦ゼロ」という事態が起きてしまった。

    「来るべき時が来た、ということ」と語るのは、スポーツ紙記者。
    「外国馬が勝ったのは、2005年が最後。馬券圏内(3着以内)に来たのも、13年前が最後。ここ10年は、来日する馬のレベルもかなり低下し、JC離れの傾向が強まっていた」
    その大きな原因は、“ガラパゴス馬場” にあるという。
    「2018年のJCの走破時計2分20秒6は、当時の(芝2400mの)世界レコードを大幅に上回るもの。それが象徴するように、東京の芝コースは、世界に類を見ないほどの超高速馬場。
    ソフトな馬場で、地力が要求されるヨーロッパの競馬とは、レースそのものの質が違う。これは武豊騎手などが、以前から指摘していたこと」(前出・スポーツ紙記者)
    2018年のJCを制した日本馬アーモンドアイの記録は、それまでの世界レコード2分21秒98を大幅に更新。外国馬は、10着11着と惨敗。「これだけ時計が速いと……」(11着のムーア騎手)と、超高速馬場にお手上げ状態だった。
    馬場以外の要素も、JC離れに拍車をかけたという。
    「単純に言えば、『日本の馬が強くなったから』ですよ。1980年代は圧倒的に外国馬が強く、1990年代は好勝負。2000年代以降は、外国馬がほとんど勝負にならなくなった。勝てる見込みが低いのに、遠い日本で一流馬を走らせようという馬主はいません。
    ましてや、引退後は種牡馬になるクラスの馬なら、わざわざその評価を下げるようなリスクを冒す必要はないでしょう」(専門紙トラックマン)
    振り返ると1981年の第1回では、G1勝ちもない米国牝馬が、レコードタイムで優勝。「日本馬はあと何十年も、外国馬には勝てない」とまでいわれた。
    熱戦が繰り広げられたのは、1989年の第9回。連闘で臨んだオグリキャップが、クビ差2着に涙を飲んだ。勝ち時計は2分22秒2のレコード。JC史上屈指の名レースだった。
    名レースも多いJCの外国馬離れについて、北原氏が指摘するのは、「賞金」と「士気」だ。
    「JCは、創設当時から世界最高クラスの賞金を用意し、海外にアピールしてきた。しかし、今のJCの1着賞金は3億円で、国内最高額ではあるが、これは国際的には、もはやそれほど高額ではない」
    現在は、1着賞金が約8億円の「ドバイワールドカップ」など、JCを超える高額賞金レースはいくつもある。
    「『有馬記念の賞金がいくら、日本ダービーがいくらだから、JCはこれくらい』などと、内輪の論理でやっている場合ではない。外国は、有力スポンサーを見つけるなど、大変な努力をしていますよ」(北原氏)
    海外の大レースは、スポンサーが賞金を出すのが一般的だが、日本ではあくまでも、馬券売り上げの一部が賞金となるシステムだ。
    「『そういうルールを変えてでもやってやろう』という人が、JRAの中にはいない。ヨーロッパの一流調教師や馬主と人脈を築き、懐ろに飛び込んで説得しようという情熱のある人がいないんです。どうすれば外国馬が来てくれるか、条件はなんなのか聞きに行けばいい。
    チャンスはきっとあるはず。日本馬は海外レースに行くけど、外国馬が日本に来ないようでは、真の国際化とはいえませんよ」(北原氏)
    カツラギエース、シンボリルドルフやオグリキャップ、トウカイテイオーなど、名馬と外国馬の戦いに胸を熱くした人も多いはず。だがいまや、JCの存在意義そのものが問われている。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/FLASH
    https://smart-flash.jp/sports/86744


    【【競馬】「外国馬ゼロ」のジャパンカップ⁉️】の続きを読む


    アーモンドアイ(英: Almond Eye)は日本の競走馬である。 2018年の年度代表馬。主な勝ち鞍は2018年の桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ジャパンカップ、2019年のドバイターフ。史上5頭目の牝馬三冠馬である。 馬名の由来は「美人とされる顔の目の形」。 デビュー戦は2017年8月6日、新潟第6
    33キロバイト (3,966 語) - 2019年10月26日 (土) 08:57



    (出典 p.nikkansports.com)


    結果敵なしでした

    1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2019/10/27(日) 15:43:46.80

    認めた?


    【【最強】やっぱり歴代最強アーモンドアイ❗️】の続きを読む


    菊花賞 (きっかしょう)は、日本中央競馬会 (JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI)である。 競走名の『菊花』は菊の花の意味。正賞は内閣総理大臣賞、朝日新聞社賞、日本馬主協会連合会会長賞。 イギリスの「セントレジャー」を範にとり、1938年に「京都農林省賞典四歳呼馬」の名称で創設された4歳
    32キロバイト (2,028 語) - 2019年10月20日 (日) 09:29



    (出典 xn--o9j0bk9l4k169rk1cxv4aci7a739c.com)


    さすがと言うしかありませんね

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/10/20(日) 15:55:18.93 ID:p/2lVbyO9.net

    全着順及び払戻金は後ほど
    以下掲示板分

    1 3 05 ワールドプレミア   牡3/484(+12)/  3.06.0 武  豊   57.0  友道 康夫
    2 7 14 サトノルークス     牡3/470( +8)/  クビ.  福永祐一 57.0  池江 泰寿
    3 7 13 ヴェロックス        牡3/490(  0)/  1馬身 川田将雅 57.0  中内田 充正
    4 3 06 ディバインフォース   牡3/448(. +2)/ 3/4馬身 横山典弘 57.0  寺島 良
    5 4 08 メロディーレーン.    牝3/340(. +2)/  クビ.  坂井瑠星 55.0  森田 直行

    ※結果・成績・オッズなどは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください

    yahoo競馬
    https://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1908040711/
    JRA(「競馬メニュー」内から「競走成績」をクリックし、該当競走をご覧ください)
    http://jra.jp/sitemap/index.html


    【【競馬】菊花賞(京都・G1) 武豊は昭和平成令和菊制覇!令和でも菊男!武豊鞍上ワールドプレミア中団から直線抜け出しG1初V!】の続きを読む

    このページのトップヘ